2017年02月25日

折据の糸入れのこと その3

折据を折っていたら、中国の糸入れのことを思い出しました。
本で見たのですが、折据を並べた糸入れと同じようなものでした。
もしやと思ってネットでさがしたら、ほとんどがねじって開けるタイプでしたが、折据の糸入れとおなじ形のものもありました!

気になる方は、"zhen xian bao"で検索してください。
それをもとに現代風のものを作っている人もいて、たくさんの画像や動画がありますよ。

そこで、またちがう折据の折り方をみつけました。 Paula's orihouse→ 
こんなふうに折るなんて、脱帽でした。
ピシッと折れて気持ちいいし、花びらが全部同じかたちになります。

そして、みんなちがう折据、大集合。
赤はたてよこの比が2:1で、青は3:2で折りました。

20170225-1.jpg


右上が「おりがみ新発見3」の折据をみて折ったもので、それらしい形にむりやりもっていきました。
むずかしいです。

その下は、切り込みがあるようにみえた折据を、折ってみたもの。
折紙ではわかりませんが、檀紙で折ると花びらにすじがきれいにとおります。

どちらも巧みな折据なのですが、花の端が箱の側面に折りこまれていて開けにくいです。
それで、花のところを持てるように折ったのが一番下。
のりでとめないといけませんが、満足しました。

これで折据を折るのは、おわり!
zhen xian baoは、まだ気になりますが。
posted by つくつく坊や at 23:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック