2017年03月18日

みんぱく「ビーズ」の展覧会

ビーズといえばガラスビーズ、それから、木の実、種、貝のビーズ。
みんぱくの展示でみた、ダチョウの卵の殻のビーズに鉄のビーズ。

それくらいだと思っていたら、びっくりするようなものまでビーズになっていました。
サカナのウロコや骨、スズメバチの頭、サルの歯、人の歯!
かたくても穴があけられて、数があって大きさがそろっていたら、人はなんでもビーズにしてしまうのでしょうか。

世界中のビーズを飾ったものがいろいろ展示してあって、見くらべるのが楽しかったです。
日本のビーズバッグもあれば、イギリスのも、アジアのも。
服も帽子も、もちろんネックレスも、古いのも新しいのもありました。

20170318-2.JPG  20170318-3.JPG  20170318-4.JPG

上の写真は、体験コーナーにあったお人形。
ここでは、手まわしドリルで貝とどんぐりに穴を開ける体験ができました。


20170318-1.JPG
そのあと、「みんぱくゼミナール」でビーズのお話をきいて、さらに大阪日本民芸館の「菓子木型の世界」にも行ってきました。

軍艦、お相撲さんや、野球の優勝記念のような型もあって、こちらも思っていたより広い世界。


菓子型と紙粘土を使って、マグネットを作ってきました。

20170318-6.JPG  20170318-5.JPG


posted by つくつく坊や at 23:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック