2017年05月28日

組みひものワークショップ

20170528-1.JPG
組紐•組物学会のワークショップ
の1日目、多田先生の回に行ってきました。
一昨日のことです。

これは見本で、本番は絹糸でチョーカーを作るのです。

毛糸だとこれ何?というかんじですが、絹糸で組んだらすてきになるんですよ。
そのための糸ももらいましたが、きれいに組む自信はまったくないので、持って帰りました。

この見本もうまくできなかったので、家でもう一回組みなおしています。


平らな方は前に組んだことがあるような気がして、さがしてみたらやっぱり同じようなのを組んでいました。→
芯になる糸を、1本ずつ動かすか2本ずつ動かすかのちがい。
そのときの絹糸も、今だ作品にならず…

20170528-2.JPG



そして、今日もまた京都。
組みひものワークショップではなくて、細見美術館の「杉浦非水 モダンデザインの先駆者」展に行ってきました。
前に真ちゅうのブックエンドを作ったときに、参考にした本の人です。
思っていたより多彩な作品が並んでいたので、なかにはそれほど好きじゃないのもあったけれど、スクラップブックやスケッチブック、イラスト入りの長い手紙など、人となりがわかるような展示もあってよかったです。
posted by つくつく坊や at 23:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 組みひも(アンデス・クテ打ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック