2017年07月10日

カバンの雨よけカバー

これは、夫が使っているカバンです。
3wayですが、手さげやショルダーで使っているのを見たことがありません。
パンパンにものが入っていて重いからだと思いますが、ずっとリュックにしたまんま。

20170710-1.JPG 20170710-2.JPG


そのカバンの雨よけカバーを作ってほしいと頼まれたのですが、もう材料(古い傘の布です)がないので当分ムリ。
そういったら、傘がこわれるまで待ちきれない夫が、リサイクルの傘を買ってきたのでした。
どうせなら、新しい撥水生地を買ってよね…

だから、また古い傘の布で作りました。
3wayバッグをリュックにしているときに使う、雨よけカバーです。

20170710-3.JPG8枚はぎの折りたたみ傘の生地をはずして、洗って、ほどいて、3枚組みと2枚組みをとります。

カバンにあててタックをとってクリップでとめて、いいかなと思うところで余分を切り取って、縫いあわせました。
上の方に3枚組み、下に2枚組みを使っています。

写真では生地がシワシワですが、低温のアイロンをかけてちゃんとシワを伸ばしてから縫っていますよ。

20170710-10.jpgゴムをまわりに入れたカバーにしたくないので、タック。
ここにもタックあそこにもタックでカバンが包めたら、風であおられないように、もう一工夫。

上の方は、カサのヒモをつけなおして、カバンの背ポケットについているタブにひっかけられるようにしました。

下はリュックのヒモにゴムをまわして、ボタンにかけて固定できるようにしています。


20170710-7.JPG  20170710-6.JPG


20170710-8.JPG


20170710-4.JPG  20170710-5.JPG


サッとだして使えるように、たたんで背中のポケットに入れておきました。
20170710-9.JPG
posted by つくつく坊や at 23:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック