2018年02月19日

クテ打ちの平ひも

組紐・組物学会のワークショップに行ってきました。

今回は組紐といっても、手だけで組んでいく「クテ打ち」。
春日弘子先生に、平組紐の組み方を教えてもらいました。

「クテ打ち」は、日本でもひもを組むのに使われていた技法で、木下雅子先生がループにした糸を手で組んでいく技法の名称として使っています。
左右の手にわけて持ったループの中側や外側をとおして、ループを移動させて組んでいくのですが、くわしくは木下先生の「イラスト L-M 組紐技法入門シリーズ クテ打手操作法基礎事項解説」を見てください。
世界のループ組ひもについても、L-M BRIC News でいろいろ紹介されていますので、興味がある方はどうぞ。
わたしには、ちょっと文章がむずかしいけれど…

ワークショップは、ずうずうしくも「クテ打ち経験者」の方へ参加。
名ばかりの経験者だから、組んではほどくのくりかえしです。
午後から、やっと手が動くようになって中央のひもを組んで、2色のひもとややこしそうな青海波は家で組みました。

20180219-1.JPG  20180219-2.JPG

まちがって穴もあいたけど、青海波を組めたと思っていたら、大波になってました。
あ〜

20180219-3.JPG  20180219-4.JPG
posted by つくつく坊や at 22:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 組みひも(アンデス・クテ打ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。