2018年04月26日

おぼえているうちに、もう少し手まり

教えてもらったかがり方で手まりを作ってみたら、楽しくてついつい。

20180426-1.JPG


20180426-7.JPG土台は羊毛をしつけ糸でまとめて、ぷくぷく出たところをフェルト用の針でついて整えてから、糸を全体に巻きました。
細めの糸をしっかり、ぐるぐる、まんべんなく。
きれいに巻くコツがつかめないまま、ひたすら原毛が見えなくなるまで巻きました。

地割というのがむずかしくて、均等に糸をはれないものだから、できあがりもそれなりになってます。

かがり方は、裁縫でいうなら「千鳥ぐけ」、刺しゅうでいうなら「ヘリンボーンステッチ」。
糸は、25番刺しゅう糸3本どりで使いました。

ワークショップのと同じかがり方でも、土台が小さくなると花びらがぽってりに。
かがる順番をかえたり、下をくぐらしたりで、ずいぶんかんじがかわりました。

大きいのが直径3pちょっとで、あとの2つは2.5pくらいです。

20180426-2.JPG  20180426-3.JPG


いかにも昔の手まりというかんじのと、8等分を3回して糸を巻いたのと。

20180426-4.JPG


桜の花の形にかがってあるのをネットで見たので、それらしく作ってみたものの力及ばなかったもの。

20180426-5.JPG  20180426-6.JPG
posted by つくつく坊や at 22:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。