2018年05月29日

リバーシブルの組ひも

組紐組物学会のワークショップ、「リバーシブルの組紐2」。
前にリバーシブルの小桜源氏を教えてもらった、小嶋博子先生のワークショップに行きました。

表側だけ銀糸が見えるというのは、糸の引き加減を教えてもらって、なんとか。
できたできた!とよろこんだのに、裏をみたら組目が表とちがうのでした。
銀糸もチラッと見えますが、それは見ないことにして…


20180529-2.JPG  20180529-1.JPG


先生の見本は銀糸が見えないだけで、裏も表と同じ。
だから「リバーシブルの組紐」なのに、銀糸に気をとられて、リバーシブルのことを忘れていました。

20180529-5.JPGそれから、同じ組目になるように念じながら、糸をひいたりゆるめたり。
そんな努力は、実りませんでした。

絹糸を使ったからか、そういう組み方なのか、すごくしなやかです。

同じ長さの糸で組みはじめたのに、2本だけすごく短くなってしまいました。
これも、裏と表の組目がちがうせい?

もったいないから、短い糸に別糸をつけて組めるところまで組みました。
使ったのは、組ひもディスクです。

20180529-3.JPG  20180529-4.JPG


posted by つくつく坊や at 22:24| 大阪 ☁| Comment(0) | 組みひも(アンデス・クテ打ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。