2018年09月24日

みんぱくに行きました。

みんぱくの企画展「アーミッシュ・キルトを訪ねて」と、そのワークショップに行きました。

万博公園西口に行ったら、この前の台風の影響で閉鎖中!!
中央口にまわらないといけないのですが、万博公園は広いから、外周を歩いたら(歩いたこともないし、歩きたくもないけれど)西口から中央口はとっても遠いんです。
気が遠くなるくらい。

そこを歩いて歩いて、あと一歩というところでモノレールの駅前にとまっていたシャトルバスにも乗りおくれ。
そこからさらにひっしに歩いて、なんとかまにあいました。
足の筋がまだ、痛い〜

20180925-1.JPG初めに展示の解説があったので、ここで一息ついてワークショップへ。
黒羽志寿子先生とお手伝いの方に教えてもらって、アーミッシュキルトのパターンを縫いあわせていきました。
これは「センター・ダイヤモンド」で、縫えたのはここまで。

でも、針や布・糸のこと、縫い方、待ち針の打ち方など、先生のお話をたくさん聞けてよかったです。
布にスッととおって縫いやすい針は、先生のオリジナル。
不思議なかたちの指抜きや、長くてしなるしつけ用の針、細い待ち針など、使いやすい道具もオリジナル。
いろいろ勉強になりました。


展示はみんぱくらしく、アーミッシュの生活やコミュニティの解説付きです。

20180925-2.JPG  20180925-4.JPG


並んだ服が、キルトの色。

20180925-3.JPG  20180925-6.JPG


特別展「工芸継承」と大阪日本民芸館の「民藝のバスケタリー」もみて、すっかり疲れて帰りました。
長い長い一日でした。
20180925-5.JPG
posted by つくつく坊や at 23:05| 大阪 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
15年くらい前にアーミッシュの村へ行ったことがあるんですよ、この博物館も行きたいと思ってました。明石からだと電車か。
Posted by わたなべみきよ at 2018年09月29日 10:29
電車ならJR茨木からバスでしょうか。
みんぱくも広いので、1日で見て回るのはたいへんですよ。
展示してあるものの数も、はんぱなく多いし、映像もいっぱいあります。
気合を入れて行ってくださいね。

Posted by つくつく坊や at 2018年09月29日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。