2018年11月30日

お直し、いっぱい

やる気がでたので、たまっていたのをいっきに直しました。

20181130-1.JPG



20181130-2.JPG  20181130-3.JPG
長すぎるそでと、そで口を折って着ていたら端がすりきれたそで。
どちらも、切って端を三つ折りしてまつりました。


20181130-4.jpg  20181130-6.JPG
ひじ当てをつけて復活したセーターは、いつのまにか脇がすりきれて穴がぽっかり。
色が近いのを選んだら太い毛糸しかなくて、こんなふうにしか直せませんでした。
これを着たら、外出禁止。

20181130-5.jpg  20181130-9.JPG
左ひじばかり穴があく夫のセーターは、合成皮革を使ってひじ当てを。
穴が広がらないように糸で適当に縫ってから、ひじ当てをかぶせて縫います。
穴は片方でも、ひじ当ては両方のそでにつけないとね。
新聞紙をいれて縫うと、下の生地までいっしょに縫わないから安心です。


20181130-8.JPG  20181130-7.JPG
そでのお直しをした上着の肩は、すでに刺しゅう糸で補強済みです。
これでもかっていうくらい何度も、タテにヨコにと縫ってあります。

洗濯ネットは、こわれたファスナーをはずしてつけかえ。
ちょうどいい長さのがなくて、短いのを2本組みあわせてつけました。
これももう、継ぎめのほつれを何か所も縫いなおしています。
糸の色をかえて縫うのが、お直しのささやかな楽しみ。
posted by つくつく坊や at 22:40| 大阪 | Comment(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。