2019年01月27日

パンツとボール

パンツと帽子を作ったポロシャツの残りで、できたもの。
大きいところでパンツを作って、こまごま残ったところでボールを作りました。

20190127-1.JPG


どんなふうに作るのか、気になっていたボール。
作り方は少しかわっていましたが、思っていたよりかんたんでした。

20190127-2.jpg作りたいボールより少しだけ小さい円を紙にかいて、型紙を作ります。
コンパスを使ってもいいけれど、コップや缶を使ってもだいじょうぶです。

切ったら、半分に折って、また半分に折って、円を4等分したものが、型紙A。

Aを写真右上のように折って、右下の赤線で切って開いたものが、型紙Bです。

型紙Aで24枚、型紙Bで12枚、縫いしろをつけて布を裁ちます。
型紙Aを半円にすれば、必要な布は12枚になって縫うところがへるのですが、Bと縫いあわせるのがむずかしそうな気がしてやめました。
Aを半分に折ったところと、Bの角をあわせたところですが、どうでしょう?

20190127-3.jpgA2枚を中表に重ねて、返し口を残して縫って、そこにBを縫いあわせます。

これは返し口が小さかったので、1目返し縫いをしてから、返し口の向こうに糸をわたして、また1目返し縫いして縫い進めました。
縫うのは黒線のところで、でき上がり線で縫いとめます。

表に返して、綿をつめて返し口を縫い閉じると、ハマグリみたいなのが12できます。

Aの角に糸をとおして、ギュッとしぼって糸を結びます。
糸はゆるんでいても、だいじょうぶです。

20190127-4.JPG  20190127-5.JPG


20190127-6.JPGどれでもいいので4つのハマグリの角に糸をとおして、こんどはしっかりしぼって玉結び。
糸玉は縫いしろに引き込んで、見えないように始末します。

そのうちの1つに、別の3つのハマグリを同じように縫いあわせます。

こんなふうなかんじで、4つずつ縫いあわせていったら、できあがり。

20190127-7.JPG
作るのが楽しくて、残りの残りでもう一つ。




posted by つくつく坊や at 22:02| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。