2019年05月16日

ズボンのひざ修理

20190516-1.JPGもうだいじょうぶかなと思ったら、急に冷え込む日があったりして、なかなか終わらなかった冬物の片づけ。
ようやく、セーターを洗い終わって、ホッと一息。

これは、夫が家の中で寒いときに重ねばきしていたズボンで、ひざの修理をご希望でした。
外にはいていかないから(当然!)どんなふうになってもいいけれど、防寒と、下にはくズボンのひざをまもるためにも、穴をふさいでほしいとのこと。

穴があくのはいつも左ひざで、これもやっぱり左に大きな穴があいていて、右ひざはすりきれそうでした。

20190516-3.JPG  20190516-2.JPG
  

左ひざは、穴をできるだけ縫いあわせてから、上に布をあてて縫いました。
右ひざは裏に布をあてて縫って、修理終わりにしました。

20190516-4.JPG  20190516-5.JPG


目立たないように美しくでも、目立つように美しくでもなく、つぎの修理がやってこないようにしっかりがモットー。
だからなのか、朝ドラ天陽くんの帽子が気になってしかたない。

上から縫ってないけれど、あて布の下でしっかり縫ってるからだいじょうぶなのかな?
2枚重ねてあるから、修理も2回?
それなら下のあて布がもっとすりきれているはずで、すりきれそうにないところだし、もしかして虫くい穴の修理ですか?
布の大きさからすると、大きい虫くい穴ですね?
などとあれこれ推理してみても、ツギあてには見えなくて…
posted by つくつく坊や at 22:15| 大阪 ☀| Comment(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。