2019年06月09日

「アンデスの布」展

20190608-3.JPG


きのう、関西学院大学博物館の展覧会に行きました。
「アンデスの布 糸があやなすチャンカイ・レース」展。
10世紀から14世紀に、アンデス中部海岸地域で栄えたチャンカイ文化のレースの展覧会です。

20190608-1.JPG  20190608-2.JPG

展覧会もすてきですが、ヴォーリズ設計の建物もいいんですよ。
土曜日だというのに、建物の中はひっそり静かでした。

レースは80pくらいの2枚はぎのものが多くて、アンデスの人は頭や肩にかけていたそうです。
スピンドルで紡いだ綿糸を使って、棒機で織って…

30点ほどの展示で、レースが直接展示してあるパネルもあって、近寄り放題、写真もOK。
糸の細さも、織りの複雑さも、じっくり見ることができます。

20190608-4.JPG
posted by つくつく坊や at 12:13| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。