2019年09月10日

乾燥アイの藍染め

20190910-1.JPG


きのうの真夏日、屋外作業でがんばった成果。
乾燥タデアイの藍染めです。

ハイドロと苛性ソーダを入れたお湯の中で乾燥した葉をもんで、色素をだした染液に原毛をつけておくだけ。
かんたんといえば、かんたんでした。
でも、これだけの種類を染めると、水洗いや中和、脱水の作業の回数も多くて、延々と続く作業にみんな汗まみれ。
乾かしているあいだに風であおられて、どれが同じ染めだったのかわからなくなっても、もういいやというくらいに疲れました。

20190910-2.JPG  20190910-3.JPG


もとは白い原毛、玉ねぎで染めた黄色と茶色、エンジュで染めた黄色に、藍をかけています。
濃淡2色のナベで、何回かに分けて染めたので、染まりぐあいもいろいろ。

ずっと前に藍染めした玉ねぎの黄色は緑でしたが、こんどのは青緑になりました。
前のときは休んだのでくわしいことは知らないのですが、生の葉をもんで色素をだして染めたようです。
今回の染めは、藍色が強力でした。
posted by つくつく坊や at 10:44| 大阪 ☁| Comment(0) | 染めもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。