2019年10月09日

小桜源氏、もう少し

小桜源氏のバッグチャームを、あと2つ作りました。
色合わせが…、でももう時間が…。

20191009-4.JPG


丸台もどきで組んだらはやかったのですが、組みひもディスクで組んだのと大きさがあわなかったのでやめました。
台のひもは、ゆったり太くてやわらか。

あと、花びらの糸につける吊りおもりを、倍の重さにするのを忘れて、失敗。
花が細長くなって、かわいさ半減でした。

右の写真は、別糸をつないで、ぎりぎりまで組んでいるところ。
めんどうだけど、こうすると糸のムダがへります。

20191009-1.JPG  20191009-3.JPG  20191009-2.JPG


それから、まがったひものほうがしずく形にしやすいんじゃないかと思って、組みひもディスクで試してみました。

20191009-5.JPG花びらの横の糸を毎段同じ向きに組んだらまげやすくなって、片側を1段とばしで組んだら少しまがって、毎段同じ向きで方側1段とばしにしたらもっとまがって、大満足。

右側は、花びらの横と花芯の糸を合計8本にへらして、「かわいい組みひもの教科書」にあった「円形らせん組」のように組んだひもです。
花びら部分があるので、らせんにはならないけれど、少しまがって、ふちがうすくて広くなりました。
糸の動きにムリがあるので、花の形をそろえるのがむずかしかったです。

posted by つくつく坊や at 12:25| 大阪 ☀| Comment(0) | 組みひも(アンデス・クテ打ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。