2019年10月12日

ショルダーバッグ

肩掛けカバンと書きたいところを、ぐっとこらえて、タイトルはショルダーバッグ。
ものの名前を書くときに、古いかも?と迷うことが多い年齢です。
筆箱、ゲタ箱、運動靴、ズボン、チョッキ、よだれかけなど、たくさんあってちょっとさびしいな…

マグネットホックを修理したカバンですが、端々がすり切れてきたので新しくしました。

20191012-1.JPG  20191012-2.JPG


A4ファイルがはみださないように、袋部分をたてに伸ばして、その分肩掛けひもは短く。
長財布がはいるように、内ポケットを大きく。

20191012-6.jpgそれ以外は、形も作りもマネしたのですが、ひものつけ方は謎でした。
袋布と袋口の見返し布にひもを、どう縫いあわせているのかわからないんです。
内布はついていないけれど、見返しと袋布のすきまが狭くて、どうなっているか見えませんでした。

ひもをつける位置がずれていたので、そんなふうに(だいたい)袋布と見返し布のひもつけ部分の長さ、ひもの表と裏の長さをかえて、それらしく(ムリに)縫い合わせました。
だから(当然)、ひもつけ部分はシワになってしまいました。

20191012-4.jpg   20191012-5.jpg

ひもは縫って表に返し、袋布は脇と底、見返し布はポケットと脇を縫っておきました。

ひもの表側と袋布、ひもの裏側と見返し布を中表に縫いあわせてから、袋布と見返し布を中表にあわせて、縫えるところまで縫いました。
それを表に返して、端ミシン。
縫いきれずに残っていたすきまを、これでふさぎました。
きちんと裁って縫っていたら、この方法でもきれいにできていたかも。

ひも付け部分の縫いしろは、割ってありましたが、これは縫いしろがかさならない向きに片倒し。
縫い目がに力がかかっても、このほうが安心かなと思って。

20191012-3.JPG底の縫いしろをテープで包むところは、しつけをして無事にミシンで縫えました。
ムリして針を折っていたので、急がずあわてず、慎重に。

袋布の縫い目に落としミシンをして、見返しが浮かないようにするのも、いい方法だなぁと思って、マネしました。


使い勝手は、まあまあです。
A4ファイルも入るし、必要なものもゆったりおさまります。
そのかわり肩掛けひもが短くなったので、布が新しくてかたいせいか、斜めにかけると少しきゅうくつかな。

ポケットは、長財布の重みで口がべロンとなって傾くので、安全ピンでとめました。
下のポケットに入れたものを、手探りでサッと出すのがむずかしいですが、そのうちに慣れるでしょう。
posted by つくつく坊や at 17:40| 大阪 ☔| Comment(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。