2020年03月26日

糸撚り器の、その後

この前作ってもらった糸撚り器の、その後です。

夫はすでに興味を失って、開発チームから離脱。
自力でがんばりました。

ハンドルをまわす回数をそろえるのはムリなので、糸の長さをそろえることに。
長い棒にテープでしるしをつけておいて、最初の撚りで糸がその長さになるまで撚りをかけます。
長さは、だいたいで決めました。
4本撚り合わせるときは、きつめに撚りをかけておいて、余分な撚りは勝手にほどけてもらいます。

糸の順番が変わらないようにするための仕切りは、針金で作りました。
糸をささえるところに幅をとったのと、下におもりをつけたところが、改良点。

20200326-1.JPG


これだけのことですが、4本撚りの糸をそれほど失敗なく作れるようになりました。
ドリルは回復の兆しがないので、また手回しです。


20200326-2.JPG  20200326-3.JPG  20200326-4.JPG


糸撚り器のクリップに糸をはさんで、反対側をひとつにまとめて固定します。
クランプにはさんであるのは、立ち去る前に夫が作ってくれた糸掛けです。
糸は4本に切って結ぶより、倍の長さに切った2本を輪にしてかけるほうが、端まできれいに撚りをかけることができました。

まとめた糸を1本ずつ仕切りにかけて、動かないように洗たくばさみで仕切りをとめておきます。
糸撚り器のハンドルを回して、4本の糸それぞれに撚りをかけます。
棒につけたしるしにとどくまで、がんばります。

20200326-5.JPG  20200326-6.JPG


撚れたら仕切りを手元に動かしてきて、4本の糸をひとつにまとめてクリップにはさみなおします。

最初の撚りと反対の向きにハンドルを回ながら、仕切り板を向こう側に動かしていって、4本を撚りあわせます。
端まで撚ったら仕切り板をはずして、もう少し撚ります。

片方ずつ糸をはずして、端にテープを巻きます。
これで撚り糸、完成です。

20200326-7.JPG


82pのコットンキングを撚って69pにして、それを4本あわせて撚ったら、だいたい63pの糸になりました。
撚りかげんは、少しゆるいです。


posted by つくつく坊や at 23:13| 大阪 | Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。