2020年06月23日

クワの実パン

今年もクワの実が豊作でした。
採って採って、配って配って、それでもまだ冷凍庫にぎっしりで、ジャムとフルーツソースのビンが冷蔵庫を圧迫しています。
うれしいけれど、早く消費しないとちょっと困る。

ということで、食パンをクワの実ソースで焼いていみました。
水と同じ重さのソース(実もたっぷり)だと、水分がたりなかったので少し水をたして。
ソースが甘いから、さとうは入れないで。

20200623-2.JPG  20200623-3.JPG


生地は紫芋のお菓子っぽい色で、焼きあがるとチョコレートっぽい色になりました。
こねているあいだに、実はくだけてしまってほとんど残っていません。

20200623-1.JPG


焼き上がりは、いつも焼いている黒ゴマ食パンよりしっとりやわらかでした。
しかし、お味は…、凡庸!
焼きあがるときにふわっとただよったクワの香りに期待したのに、食べても何がはいっているのよくかわからないのでした。
色も、クワを連想させなくて。
ソースはやっぱり、ヨーグルトにかけるほうがいいのかも。

20200623-4.JPG



おまけ:
クワの実のいい使い道を、夫がみつけました。
それは、サラダにそえる、です。
えー!と思ったのですが、ほんのり甘くてやわらかで、なかなかいいかんじでしたよ。
実をほぐしてかけるのも、おすすめです。




posted by つくつく坊や at 11:17| 大阪 | Comment(0) | おやつ・食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。