2012年12月26日

A5の紙で作る、へびのぽち袋

20121226-1.JPG

うらと、おもて


去年、ぽち袋の辰を「へび?」といわれたけれど、同じものは使いませんよー。
意地でも使わないのです。

辰のときは切れ目をヨコ向きにいれたので、これはタテに変えて、気分も変えて。
去年のよりずっと、へびらしく見えるでしょう?

A5の紙(21p×14.8p)で作ると、たて10pよこ6.5pくらいになります。
図書カードが入る大きさです。


20121226-2.JPG
紙を開いたところ。


20121226-3.jpg
AとBのところを切り込みます。

字が小さいので、写真をクリックして大きくして見てください。






左右を折って、AとBの切れ目を組み合わせます。
20121226-4.jpg  20121226-5.jpg


20121226-6.jpg
Aでしっぽ、Bで頭をへびらしく折っていきます。


20121226-7.jpg
上下をうしろ側に折ります。










使う用紙の大きさがちがうときは、切り込みの長さ(A、B)と(C)の長さを調節してください。

切り込みを組み合わせやすいように、A+Bはタテの長さより5o長くしています。
Cは、用紙のヨコ幅÷4+0.5p(へびの幅を1pにしたので、その半分の長さ)です。
posted by つくつく坊や at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

来年の手帳


今年もまた、手帳を新しくする季節がやってきました。
今の手帳が使いやすかったので、来年のも同じリフィルで作りました。

20121123-1.JPG


リフィルは、保存してあったファイルを印刷。
両面印刷もうまくできたので、重ねて二つに折って、まん中を糸で綴じるだけでできました。
メモ用紙は、うしろに少しだけつけてあります。

20121123-2.JPG
文字も変えて、気分一新です。
日付の横のマス目には、通っている教室の予定と、食パンを焼く日を書いてます。
金工はⓀ、太極拳はⓉ、棒機Ⓑとローマ字を略しているのに、糸紡ぎだけがウールのⓌ、パンはカタカナでパン。
バラバラだけど、わかればいいし…


20121123-3.JPG
今月のページにクリップをつけておくと、サッと開けられて便利でした。
このクリップは、うすくてデザインも手帳にぴったり。
それに、ページから出ているところがインデックスみたいで、気にいってます。


posted by つくつく坊や at 10:44| 厦門 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

ポップアップ、〆

ポップアップ、最後を飾るのは、もちろんこの本。



まるでわからなかったしかけも、今なら少しはわかるはず。
妹から本を借りて、じっくり見ながら作りました。

作ってみると、デザインだけじゃなくて、作り方にも感心。
1枚で作れる展開図で、のりしろの位置も、うまく考えられていて。
しかけも、いろんなものが使ってあるし。
感心のしっぱなしでした。

いちばん時間がかかったのは、U。
複雑に見えますが、1枚の紙で作ってあります。
長さを変えた細い線、何回、まちがって切ったことか。

20120502-2.JPG


しかけがむずかしかったのは、S。
ページを開くと、2つの円盤がまわるしかけです。
本をこわすわけにはいかないので、どうなっているのか見るのに一苦労。
これもBもKも、Gのしかけの応用でしたが、なんてかしこい!
どれも動きが、ちがってるんですから。

20120502-3.JPG


20120502-4.JPG  20120502-5.JPG


これだけは、きちんとした表紙をつけました。
ポップアップは、これでいったん卒業です。

20120502-1.JPG




posted by つくつく坊や at 18:52| 瀋陽 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

ポップアップ、4冊目と5冊目

ポップアップ、こんどはしかけをどんなふうに使うのか知りたくて、この2冊です。
7.5p×15pにおさまる大きさで、いくつか作ってみました。

4416810636ポップアップ・クラフト―8つのしかけパターンで作る、飛び出すカード
高橋 洋一 高橋 としえ
誠文堂新光社 2010-11

by G-Tools


441681142Xポップアップ・クラフトのおくりもの: 飛び出すカード・モビール・オブジェ
高橋洋一・としえ
誠文堂新光社 2011-12-08

by G-Tools



表紙のピアノ。
これが、平面からたちあがってくるなんて、すごいです。
これまでの本で作ったものなど、くらべものになりません。

20120412-1.JPG  20120412-2.JPG


きれいで完成された作品なので、まねして作ろうとしてもうまくいかないのが、ちょっとくやしい…

縮小図案がついるのですが、うちにはコピーがありません。
コピー屋さんでは、クラフト用紙にコピーできないし。
切り取り線は切り落とせても、折り線は消せないし。
コピーした紙をクラフト用紙にのせて、とがったもので線をうつして作るのでしょうか?

そっくりに作るのは、むずかしいだろうなぁと思いました。
わたしは、本の縮小図案をえんぴつでうつしています。
線をとがったものでなぞって、消しゴムで線を消してから作りました。


20120412-3.JPG

本のカップには、飲み物がはいっていませんでしたが、紅茶をいれてみました。

かんたんでよかったのは、リボン。
ハローウィンのカボチャも、うまく考えてありました。

20120412-4.JPG  20120412-5.JPG


はみでているのは、ピアノのページです。
ほんの少し大きくて、とっても残念。

20120412-6.JPG



posted by つくつく坊や at 11:59| 瀋陽 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

お祝い袋

ちょっとおそくなったけれど、入学祝い。
中学生ともなると、手作りのものではよろこんでもらえそうにありません。
せめて、お祝い袋を手作りで。

20120406.JPG
posted by つくつく坊や at 23:11| 瀋陽 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

ポップアップ、3冊目

3冊目は、この本。
4499330580しかけ絵本の基礎知識 実技編〈1〉平行折り・斜折り
菊地 清 わく はじめ
大日本絵画 2004-11

by G-Tools



これまで動くのは○や□でしたが、こんどはネコ、人、花、鳥、いろいろ作りました。
縮小図案をそのまま使ったり、少しかえたり。

20120321-1.JPG

20120321-2.JPG


20120321-3.JPG  20120321-5.JPG

20120321-4.JPG  20120321-6.JPG


サイズや図案をかえるとき、形や大きさ、はる位置に悩みます。
少しのことで、うまく動かなくなるのです。
箱から出てくるネコは台紙に頭をぶつけるし、花びらは開くときにひっかかるし。
もう少し、本に説明があればいいのに…

20120321-7.JPG  20120321-8.JPG

posted by つくつく坊や at 22:03| ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

ポップアップ2冊目

4499330599しかけ絵本の基礎知識 プルタブ 基本と応用
こづま 美千子 わく はじめ
大日本絵画 2006-08

by G-Tools


ポップアップの2冊目は、「しかけ絵本の基礎知識 プルタブ」です。
写真と図からしかけを理解するのは、たいへんでした。
実物をみて作るほうが、うんと楽。
実物の偉大さを知りました。

前のと同じ大きさの台紙にしたのも、苦労のもとでした。
台紙の大きさは、7.5cm角です。
本にあった寸法ではおさまらなくて、しかけを小さくしたり、はる場所をずらしたり。

でも、もうずっとこの大きさで作っていくつもりです。
古封筒で作るには、これくらいの大きさがちょうどいいのです。
小さいと、なんだか動きもかわいいし。
引っぱるだけで、こんなにいろんな動きがあるなんて、ちょっと感動します。

20120312-1.JPG  20120312-2.JPG
posted by つくつく坊や at 20:09| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

ポップアップ1冊終了

「実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識」、制作終了です。
円盤とプルタブはむずかしくて、うまく作れなかったのもあります。

これは、終了記念に作った表紙の顔。
実物はついていないので、しかけは想像です。
鼻がへこんでいるのが気になるのですが、そういうふうにしか作れなくて。

20120302-1.JPG


作ったしかけは、見やすいように製本しました。
といっても、しかけの台紙をはりあわせて、それをくるむようにしっかりした紙をはっただけのもの。
円盤とプルタブは、本にすると動かしにくいので、ばらばらのままです。
そのかわり、専用のケースを同じ紙で作りました。

20120302-2.JPG  20120302-3.JPG
posted by つくつく坊や at 00:35| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

ポップアップ!

妹が持っていたポップアップの本をみてから、その仕組みに興味シンシン。
アルファベットのA〜Zがポップアップになっている本なのですが、デザインもいいし、ポップアップのアイデアにも感心してばかりでした。

それが、この本。

4499282233ABC3D―ポップアップ見本帖
マリオン バタイユ
大日本絵画 2008-07-01

by G-Tools



20120222-1.JPGそのポップアップの仕組みが知りたくて、図書館で「実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識」という本を借りてきました。
その名のとおり実物がついているので、これをまねしてポップアップを作っています。
1つ作るとおもしろくて、やめられなくなってしまいました。
とうぶん、ポップアップ熱が続くと思います。

4499279100実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
デビッド・A. カーター ジェームス ダイアズ David A. Carter
大日本絵画 2000-06

by G-Tools




いちばん好きなのは、これ。
○が回転しながら開いていきます。
アルファベットの本にも、このポップアップを使った文字がありました。

20120222-2.JPG

20120222-3.JPG

20120222-4.JPG

20120222-5.JPG
posted by つくつく坊や at 19:59| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

紙テープを折って作った、龍

IMG_0970.JPG


去年、紙テープでウサギを作ったので、今年は龍。
なんとしても、紙テープを折って作りたいと思っていました。
年初めから、折ってはあきらめ、折ってはあきらめ。
やっと、龍らしいものができました。


IMG_0964.JPG試作その1
顔は馬で、龍踊り…







IMG_0965.JPGその2
足を元気に、目も2つ
かわいいかも






IMG_0966.JPGその3
胴を長くしてみて







IMG_0967.JPGその4
顔ができて、あとは足







IMG_0968.JPGその5
あちこち、いろいろ試し折りして







IMG_0969.JPGいいとこどりして、できました!









posted by つくつく坊や at 23:44| ローマ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

レシピカード

20120103-2.JPG  20120103-3.JPG


レシピカードと見出しをいれて、銅のレシピボックスを姪にあげました。

レシピボックスは、あげるのが惜しくて、惜しくて…
毎日ながめては、苦労してつけた模様をなでていました。
それでも、まあ、大人ですから、ぐっとこらえてプレゼントしてきました。

リボンをつけておいたら、妹が「ちゃんとしまれへんから、リボンでとめたーるん?」
あたっているとはいえ、失礼な親です。

レシピカードはルーズリーフの用紙、見出しは家にあった厚紙で作りました。
カードには、毎年作っているおせち料理の作り方を書いておきました。
いつか、作って持ってきてくれますように。

20120103-1.JPG


posted by つくつく坊や at 18:32| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

辰のぽち袋

20111204-9.JPG

去年作ったうさぎのぽち袋のように、紙を切って折って辰のぽち袋を作りました。

20111204-1.jpg


A5の紙を使います。
裏の上部、幅1.3cmのところに色をぬって、赤い線の部分に切り込みをいれます。


切込みを入れたところを、表に折り返して、中央から順に折っていきます。

20111204-2.jpg  20111204-3.JPG

20111204-4.jpg  20111204-5.jpg  

20111204-6.jpg  20111204-7.jpg

20111204-8.JPG  20111204-10.JPG


なかなかうまくできたと思ったのに、夫にみせたら「ヘビやろー」

今はヘビにみえても、お正月には、辰にみえるんです!
でも、ヘビにみえるんなら、再来年もつかえる?






posted by つくつく坊や at 19:12| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

来年の手帳

20111124-1.JPG

今年は、早々と手帳を作りました。
そのかわり、もう卓上カレンダーは作りません。
カレンダーと手帳に、同じことを2回書くのがめんどうだったのです。
机の上のカレンダーにはサッと手がのびても、かばんの奥底にある手帳にまではのびません。
そのせいで、手帳はまっしろ。
外で予定を聞かれたときに、困ったこともありました。

そこでうんと反省して、楽をして、しかも困らないようにしなければと考えました。
手帳に予定を書いて、机の上に見えるように置けばいいのです。
出かけるときは、手帳をかばんに入れるだけ。
忘れそうだけど…

1週間1行のマス目になったカレンダーが好きなのですが、予定が書き込みにくいのが難点。
たくさん書きこんだときは、横の日にちにはみだしました。
それで、こんどの手帳は見開き1カ月で、たてに日付がならんだものに。

マス目は手書きで作りましたが、罫線は数が多いし水平に引くのがむずかしいので、印刷にしました。
ついでに日付も31まで入れて、12か月分同じものを印刷して、土日祝に色をつけて月をいれました。
いらない日付は、手書きで×。

裏面は印刷していないので、メモ用紙になっています。
というか、そうなりました。
両面印刷をしたら、2つ折りで左右のページの罫線をあわせるのがむずかしいと思ったからです。
A4用紙に上下2か月分いれて、半分に切って使うという設定だけでも、ずいぶん苦労したので。
行の位置をあわせるなんて、とても、とても。

印刷面を中にして折って、1枚ずつ糸でとじて、背に補強のためにうすい布をはりました。
はじめと最後のページに、2つ折りにした紙をはります。
使ったのは片面印刷のチラシですが、印刷面はのり付けするので見えなくなります。

20111124-2.JPG  20111124-3.JPG


その紙の外側に、表紙用の紙をはって、少し大きめに表紙を切りそろえます。
表紙にしては弱い紙でしたが、チラシとはりあわせたらしっかりしました。

20111124-4.JPG


20111124-5.JPG  20111124-6.JPG


銅版画の試し刷りを表紙にはったら、ぴったりでうれしかったです。


posted by つくつく坊や at 18:08| フランクフルト 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

アドレス帳

ケータイをもっている人には、もう過去の遺物かもしれない携帯用のアドレス帳。
20110424-4.JPGわたしは、ケータイを持っていないので、今だに持ち歩いています。
使うことはほとんどないのですが、ないと困るし、電話番号を覚えられません。

しばらく持ち歩いていたものがボロボロになったので、自分で作ることにしました。

使っていたものには、アルファベットの見出しがついていました。
そのアルファベットは無視して、家族、友人、仕事関係などに分けて、てきとうに使っていました。
そのかわり、いざ使うときには、どこに書いたか忘れていて困ることがありました。
ページ数も、わたしが使うには多すぎました。

だから、作ったのは見出しが4つだけ。
家族、友人、知人、会社などの順に、書くことにしました。

紙は、システム手帳の用紙を使っています。
5mm方眼だったので、線を引くのも切るのも楽でした。
用紙5枚を2つ折りにした、20ページのうすいアドレス帳です。

切って、折って、縫って、見出しを切って。
背に木工ボンドをぬって、表紙の紙にはりました。

大きさは、表紙が9p×6.5cm、用紙はそれより5mmずつ小さいです。

20110424-1.JPG 20110424-2.JPG
20110424-3.JPG 20110424-5.JPG


posted by つくつく坊や at 16:13| マイアミ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

ひな人形のぼんぼり

20110302-1.JPG

和紙の立ち雛に、ぼんぼりを作りました。
毎年飾りながら、ちょっとさびしいなぁと思っていたのです。

人形にあわせて、紙と木で作ることにして、家にあるものを集めてきました。

白い和紙は、もと便箋。
そのままだと、張りのあるかたい紙だったので、揉んでやわらかくしました。
シワシワですが、しなやかになって布のようです。

あとは、古いはがき(裏やふちを黒くぬります)、竹串と厚さ3mmのうすい角棒。
ぼんぼりの中に入れたのは、あのセーターの破片です。

20110302-2.JPG  20110302-3.JPG


縫い縮めて球にした和紙に、細く切ったはがきを両面粘着テープではります。
交差しているほうが、上になります。
上下に輪っかをつけて、和紙をはめ込んで交差しているところをかくします。
ペンで桃の花っぽく、色をつけます。

って、作り方を書いても、作る人はいないですよね…
これくらいに、しておきましょう。








posted by つくつく坊や at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

テープのうさぎ:編み方

カイロカバーの編み図がエクセルでうまく描けたので、モビールにしたうさぎも編み方を図にしてみました。
こっちの図は、三角のところに色をきちんと入れるのが、むずかしかったです。
途中でやめるのもくやしいので、コツコツと。
ずいぶん時間が、かかりました。

見にくいときは、図をクリックしてください。
画像のページでもういちどクリックすると、大きく表示されます。

20110124-1.jpg

20110124-2.jpg

20110124-3.jpg

20110124-4.jpg


posted by つくつく坊や at 19:01| サンディエゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

うさぎのモビール

昨年、雑誌の写真で、麻布のテープで編んだうさぎを見ました。
よく見たら、イタヤ細工の馬と同じような編み方。
馬の耳を長くして、顔、首、胴、しっぽ、足を短くすれば作れそうでした。

20110108-1.JPG
紙テープと、大きな封筒をテープ状に切って作ってみたのが、これ。
花柄は、編み目に別の色のテープを、あとから差しこんでいます。

このうさぎを、竹ひごにつけて、モビールにしてみました。

モビールを作るのは、初めてです。
バランスをとるのが、思っていたよりむずかしくて時間がかかりました。
うさぎの配置を考える余裕は、ありませんでした。

バランスの微調整は、竹ひごの先を少しずつ切っていく。
うさぎの編み目に、折った紙を入れて重くする。
そんな小細工で、なんとか乗り切りました。



そばを通るだけで、ゆるーく動きます。
この動き、うさぎより、カメやカタツムリのほうがにあっているような…


20110108-2.JPG



ふんわり優雅に動くのを見ると、気持ちもおだやかになるようで、なかなかいいです。
この一年、ゆったりと過ごせますように。







posted by つくつく坊や at 17:36| ラスベガス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

エッフェル塔のアクセサリースタンド、新聞バッグでプレゼント

20101227-1.JPGリクエストがあったので、またワイヤーのエッフェル塔を作りました。
久しぶりなので、少しはつかんでいたと思うコツも、すっかり忘れていました。
やっぱり、ワイヤーがうまくとめられません。

2つ作って、1つは塔の先が傾いたまま、なおすこともできませんでした。
方向によっては、まっすぐに見えるから、許してもらうということで…、姪2人にあげます。


錫の箱のときと同じように、プレゼント用に新聞で袋を作りました
エッフェル塔の底の大きさが9.5cm角なので、ちょうど入る大きさです。

今日は、途中の写真をたくさんとったので、袋の作り方もついてます。

20101227-2.JPGこんどの広告は、エルメスですよ。
1ページが全面広告のものを、見開き2ページ分使います。




袋の上に広告のどのあたりを使うか、よーく考えて、のりしろ1cmかさなるように、上と下を内側に折ります。
上の方、2枚のあいだに、下の2枚を入れてのりではりあわせます。

20101227-3.JPG  20101227-4.JPG

200101227-5.JPG

20101227-6.JPG袋にすると、内側はこんなふうに見えます。
上をたくさん折った方が、きれいです。
気になるときは、白い部分を内側に折ってから、作るといいです。







輪になっているほうに、もう片方のはしを入れて、のりではりあわせます。
はじめに、輪の下側にのりをつけてはり、次に上側をはるとはりやすいです。

白い線を出したくないときは、新聞の中央ではなく、広告の端で二つに折って作ります。
その分、少し袋が小さくなります。

20101227-7.JPG  20101227-8.JPG


のりづけして筒状になったら、袋の正面に使う部分がまんなかにくるように折ります。

あとは、紙袋を作るときと同じです。
マチの半分のはばで、左右を裏側に折ります。
左右を中央であわせるように折ると、袋の底がだいたい正方形になります。
折ったところを開いて、折り線にそって内側にV字型に折り込みます。

20101227-9.JPG  20101227-10.JPG

底はマチはば(約10p)にのりしろ1cmをたした長さで、裏側、上に折り上げて作ります。
折ったところを開いて、写真のように折って、底をのりではりあわせます。

20101227-11.JPG  20101227-12.JPG

20101227-13.JPG


20101227-14.JPG
袋のはばいっぱいに、持ち手をつけてみました。



エッフェル塔の作り方は、この本にあります。
B003OSJIO4

すてきにハンドメイド 2010年 07月号 [雑誌]

日本放送出版協会 2010-06-21

by G-Tools




posted by つくつく坊や at 20:27| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

切って、折って、ぽち袋

20101221-1.JPG


うさぎのぽち袋ができました。
折り紙っぽく、直線のうさぎ。
折るだけでは作れなかったので、切り込みが入っています。

A5サイズの白い紙のうらに、幅3.5cmくらいの赤い紙をはったものを使って、できあがりが、たて9cmよこ6.8cmくらい。
図書カードが入ります。

20101221-2.jpg切り込みの寸法を変えると、いろんなバランスのうさぎになります。
これは、わたしの好み。
ちょっと、横長のうさぎです。
水引のはしは、うさぎの手になっています。

折る順番は、うさぎの耳、手、袋の上下、袋の左右。
袋の上下を折ってから、それにあわせて、うさぎの耳をうしろに折ります。

袋の左右の紙は、後ろ側で片方にさしこみます。
さしこんだ方の水引部分を、もう一方の水引部分にかぶせると、しっかりとまります。

20101221-3.jpg  20101221-4.JPG




posted by つくつく坊や at 13:53| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

来年のカレンダー

カレンダー部分は、今年のと同じです。
予定を書き込むところが小さいのですが、それほど困らなかったので、そのままにしました。

カレンダーをかける台は、ウサギと2011。
台に使った紙の長さがたりなくて、今年のようには作れませんでした。
底と立ち上がりの2か所を折っているだけなので、ちょっと不安定です。

20101219.JPG

右は、今年のカレンダー



posted by つくつく坊や at 18:51| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする