2020年03月26日

糸撚り器の、その後

この前作ってもらった糸撚り器の、その後です。

夫はすでに興味を失って、開発チームから離脱。
自力でがんばりました。

ハンドルをまわす回数をそろえるのはムリなので、糸の長さをそろえることに。
長い棒にテープでしるしをつけておいて、最初の撚りで糸がその長さになるまで撚りをかけます。
長さは、だいたいで決めました。
4本撚り合わせるときは、きつめに撚りをかけておいて、余分な撚りは勝手にほどけてもらいます。

糸の順番が変わらないようにするための仕切りは、針金で作りました。
糸をささえるところに幅をとったのと、下におもりをつけたところが、改良点。

20200326-1.JPG


これだけのことですが、4本撚りの糸をそれほど失敗なく作れるようになりました。
ドリルは回復の兆しがないので、また手回しです。


20200326-2.JPG  20200326-3.JPG  20200326-4.JPG


糸撚り器のクリップに糸をはさんで、反対側をひとつにまとめて固定します。
クランプにはさんであるのは、立ち去る前に夫が作ってくれた糸掛けです。
糸は4本に切って結ぶより、倍の長さに切った2本を輪にしてかけるほうが、端まできれいに撚りをかけることができました。

まとめた糸を1本ずつ仕切りにかけて、動かないように洗たくばさみで仕切りをとめておきます。
糸撚り器のハンドルを回して、4本の糸それぞれに撚りをかけます。
棒につけたしるしにとどくまで、がんばります。

20200326-5.JPG  20200326-6.JPG


撚れたら仕切りを手元に動かしてきて、4本の糸をひとつにまとめてクリップにはさみなおします。

最初の撚りと反対の向きにハンドルを回ながら、仕切り板を向こう側に動かしていって、4本を撚りあわせます。
端まで撚ったら仕切り板をはずして、もう少し撚ります。

片方ずつ糸をはずして、端にテープを巻きます。
これで撚り糸、完成です。

20200326-7.JPG


82pのコットンキングを撚って69pにして、それを4本あわせて撚ったら、だいたい63pの糸になりました。
撚りかげんは、少しゆるいです。


posted by つくつく坊や at 23:13| 大阪 | Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

夫が作った糸撚り器

プライスプリットには撚り糸が必要で、撚り糸を作るには糸撚り器が必要で。
4本の糸をより合わせることができる糸撚り器がほしいよぉー。

ドリルでガ−ッと回すだけで、撚り糸が勝手にできてくるのが理想的。
4本の糸を同じ方向にねじっておいて、それをあわせて反対向きにねじって1本にする。
これがいちどにできれば、いうことなし。

でもむずかしいからと夫に頼んだら、できてきたのは手回し式の糸撚り器!
理想を熱く語っておいたのに…
しかも、紙製。
すぐこわれそうといったら、飽きるほうが早いんちゃうといわれて、反論できず。

20200310-1.jpg


小さくて、かわいいことは認めましょう。
それなりに糸も撚れました。

でも、楽がしたい。
そう重ねてお願いすると、4本を撚り合わせるときだけでもと、裏の針金を1本だけドリルに挟めるようにしてくれました。
これで少しは楽になるとか思ったら、充電池がダメになっていてドリルが動きません…

20200310-2.JPG  20200310-3.JPG


20200310-4.JPG

切込みがはいった四角いのは、糸が絡まないように使ってみたのですが、小さくても大きくてもダメでした。

撚り具合をそろえるために、ハンドルをまわす回数を数えるのはたいへんで、撚り合わせた糸の順番が乱れるのは大問題。
なんとかしないと、してもらわないと…困る。
posted by つくつく坊や at 23:29| 大阪 ☔| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

今年のリース

今年は、アメジストセージとミルテでリースを作りました。

20191222-2.JPG  20191222-1.JPG


タカサゴユリとニラが少ししか咲かなかったかわりに、今年はアメジストセージが花をたくさんつけました。
そしてミルテは、いつもより実が大きいような気がします。




posted by つくつく坊や at 20:08| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

包丁置き、その後

20191113-2.JPG前に作った包丁置きは、包丁をさしにくいからといって、すぐに夫が切り込みを広げてしまいました。
見た目はまったく考慮されていないので、仕上げはほんとうに雑です。
使いやすくなったけど…

それをそのまま使っていたのですが、あとひつ、底が洗いにくいのがちょっと不満でした。

20191113-3.JPG
でも、夫が出したゴミの中からいいものを見つけました。

それが、これです。
アルミ(たぶん)の直角にまがった金具で、厚みがあって、塗装もきれいで、自立します。


そして、切り込みに包丁がうまいぐあいにおさまります!
気持ちいいです。

20191113-1.JPG

夫に聞いたら、カメラを固定するための金具だったそうです。
posted by つくつく坊や at 21:26| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

亀山のチョンべさん

20190930-1.JPG


おまけやZUNZO」の見学とワークショップに、ボランティア仲間(先輩ばかり)といっしょに行ってきました。
去年からボランティアで、張り子のお面や生玉人形を作ったり、レンタル着物の修理や折り紙をしていて、そのお勉強をかねたおでかけでした。

工作は、亀山のチョンべさんという、張り子がのった竹がひっくり返るというおもちゃです。

20190930-2.JPG材料は、糸2本、張り子をとめる棒がついた半割りの竹、平たい竹の棒、張り子。

竹に巻いた糸のあいだに、竹の棒をさしこんで糸がきつくなるまで回しておきます。
もう片方の糸には、粘着性のあるものをつけます。
ここでは、両面粘着テープを使いました。

張り子に色をぬって、棒にさして接着剤でとめたら、できあがりです。

20190930-3.JPG  20190930-4.JPG
右は、見本のチョンべさんで、耳はフェルトでした。


裏の棒をぐーっとまわして、粘着テープにとめます。
机に置いて、しばらくすると粘着力が糸の張力に負けて、棒がはじけて竹が飛ぶという仕掛けです。
かんたんな材料を使って、うまく考えてあるなぁと思います。

20190930-5.JPG  20190930-6.JPG


粘着力と糸の張り具合のバランスが、だいじみたいです。
わたしのは、置いたらすぐ飛ぶ、落ち着きがないウサギ。

まわりを見たら、同じかたちの張り子だったのに、だるまさん、トトロ、マトリョーシカ、招き猫など、いろんなチョンべさんになっていました。
posted by つくつく坊や at 11:47| 大阪 ☁| Comment(2) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

ピョンピョン駒

みんぱくの「子ども/おもちゃの博覧会」に行ってきました。
なつかしいおもちゃも並んでいて、うちにもあったあったと妹と思い出にひたっていました。

20190510-3.JPGそんな展示のひとつに、駄菓子屋のおもちゃがいっぱい入った木の箱があって、最近本で見たような…
と気になっていたら、ミュージアムショップにその本がありました。
「駄菓子屋のおもちゃ」です。

その本にあった「ピョンピョン駒」という、バネの上に人形がついているおもちゃを作りました。

上下にピョンピョン動いて、坂を降りていくらしいのですが、これは平地でも立っているのがせいいっぱい。
大きくゆらしたら、こけます。

人形は紙粘土とつまようじで、バネは針金です。
そのバネがよくないと思うのですが、つくりなおす気にならず。
そのまま、そっとすみっこに。

20190510-1.JPG  20190510-2.JPG
posted by つくつく坊や at 22:13| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

大きなしめ縄を小さくしました。

この前、会所で作ったしめ縄を小さくしました。
うちの玄関に飾るには大きすぎるし、葉付きミカンをつけたら重すぎてつるせそうにないので。

20181230-2.JPGひもと針金をはずして、全部バラバラにしました。
そこから、色がわるいワラを抜いて、細い葉もとって、あんこも抜いて、ワラをうんとへらして作りなおし。

寒いから家の中でしたらワラのほこりがすごくて、霧吹きしながら、ほこりが舞わないようにそーっと作業しました。

65p×30pあったのが、47p×20pに。
しめ縄が小さくなったぶん、会所でもらっていたシデが大きすぎるような…

20181230-1.JPG



ブログを読んでいただいて、ありがとうございます。
みなさま、よいお年を!
posted by つくつく坊や at 16:04| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

ツタ・ニラ・ユリのリース

庭掃除で集まったものをリースにしました。

20181220.JPG


葉を落としたツタを巻いた土台に、ニラとタカサゴユリの種が入っていた殻をさしこんで。
これから、飾り(毎年同じです)をつけてクリスマスリースにします。


20181225-3.JPG

このあと、こんなふうになりました。












posted by つくつく坊や at 17:31| 大阪 ☔| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

しめ縄作り

しめ縄を作りに、鴻池新田会所へ行ってきました。

20181210-8.JPG 20181210-9.JPG 20181210-10.JPG

裏から見た会所と、広くて高い天井の土間。
手前の屋根の下に、大きな井戸がありました。

20181210-2.JPGこれがしめ縄の材料で、わら、ひも、針金、あんこ。
わらは、しめ縄用とそれにつける垂れ用にわけてありました。
「あんこ」は、しめなわの根元とをふっくらさせるための芯みたいなもので、短く切ったわらをまとめてひもでくくったものが、3つ。

20181210-3.JPG
初めに、たくさんある方のわらの根元を、何か所かひもでくくります。
どんなくくり方でもいいけれど、「男結び」がしっかりしまっていいそうです。

そのわらを3つにわけて、1本の根元にあんこをかくすように入れて、わらを先の方までしっかりねじります。
上から見て時計回りです。

ほどけないように、1本目をひざでしっかり押さえながら、もう1本を同じようにねじります。
なれない体勢だから、ここはちょっとむずかしい。

1本目と2本目をいっしょにして反対向きにねじって、先を針金でとめます。
これは、マフラーの房を作るのと同じ要領だったので、まあまあ上出来。

20181210-4.JPG  20181210-5.JPG


最後の1本も同じようにねじって、2本の撚りにそわせるように巻いて、先をまとめて針金でとめます。

少ない方のわらを3つにわけて、本体をはさんでひもでくくります。
わらがばらけないように中央部分を少しねじってから、2つに折ってはさみます。

20181210-6.JPG  20181210-7.JPG


根元を切りそろえて、けばだちをとってできあがり。
だいだいや紙垂、うらじろなどをつけて飾ります。
飾る向きは、「どっちでもええんですよ」とは、東大阪の老先生。

できあがったしめ縄は長さ65cmたて30pもあって、思っていたよりずっと大きい!
新田会所サイズで、うちには分不相応な…
この大きさ、玄関につるせるか?

20181210-1.JPG




20181210-11.JPG  20181210-12.JPG
お庭でみつけた手仕事の技。

posted by つくつく坊や at 22:45| 大阪 ☀| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

綿を紡いで、どんぐり人形

3回講座の3回目、綿の収穫と糸紡ぎに行ってきました。
1回目は苗を植えて、2回目は間引きと支柱立てで、3回とも来てねという講座です。
最後の楽しい回だけに行くのもね…と遠慮していたのですが、3回目だけの追加募集があったので迷わずに申し込み。
というのは、育てている綿が緑色だったからです。
緑色の綿、見たいです!

20181007-1.JPG


これが緑色の洋綿で、下の右から、実、実からだしたワタ、種と種をとったワタです。
実からだしたワタは、緑色したカビの菌糸がブワッとついているような…
ワタだと知らなかったら、さわらないでしょう。
上が白い和綿です。

実は和綿より小さめで、種は指でもそれほど苦労しないではずせました。
種は黒っぽいです。

紡いだあと、お湯で10〜15分くらい煮ると色が落ちにくくはなるけれど、それでも退色していくとか。
実は小さいし、退色するしで、実用には向いていないのかも。

糸紡ぎは、あっというまで終わりでした。
白と茶綿を少し紡いだだけで、工作タイム。
緑綿は?

20181007-2.jpg


紡いだ糸は、かみの毛のようなターバンのようなものになって、どんぐりの頭にのっかっています。
短くても、太くても細くても、どんなにヘタに紡いだ糸でも使える工作でした。



posted by つくつく坊や at 22:05| 大阪 ☀| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

まねして作った革のストールピン

本の写真でみたストールピンを、まねして作りました。
レース模様のマフラーを編んだときの本、「まきものいろいろ」に使われていたストールピンです。

カブトピンに革を縫いつけるだけなので、あっというまに2つできました。

20180327-1.JPG



20180327-2.JPGハサミで切った革を二つ折りにして、新聞紙を厚めに敷いた上にのせて目打ちで縫うための穴をあけます。
革用の道具じゃなくても切れるし、穴もあきます。
穴の間隔は3mmくらいにしました。

革をカブトピンにかぶせて、毛糸のとじ針をつかって縫いあわせます。
穴に針を通すのに力がいるので、指抜き必須です。
糸端は折り目にはさんで、接着剤でとめました。

使った糸は、太めの麻っぽい糸です。
なんの糸かよくわからないのですが、ずいぶん前から家にあって、凧上げに使ったことがあります。
もとは母が内職に使っていた糸かも…、というくらい古い糸です。

少し縫うだけで、けば立って切れそうになったので、2つ目を作るときはロウソクでこすってから使いました。
ロウの力は、偉大でした。

20180327-4.JPG  20180327-3.JPG

posted by つくつく坊や at 22:11| 大阪 ☀| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

クリスマスリース

20171224-1.JPG


材料は、ミルテの枝と、サンシュユの実、アジサイです。
輪の中がさびしかったので、紙で作った雪だるまともみの木をつるしました。

こちらは、夜になって雨です。
クリスマスイブなのに…
posted by つくつく坊や at 21:13| 大阪 ☔| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

いろんな革で作る動物のキーホルダー

ワークショップで作ってきました。
ブタがわたしで、ゾウは妹作。

20170826-1.JPG  20170826-2.JPG


型紙と革を選んで作るワークショップで、小さな子も親といっしょに参加していました。
われら2人が、最年長か…

切って穴をあけて縫うだけなので、作るのはむずかしくありません。
それに、好きな色と質感の革を選んで作ることができたので、楽しかったです。

そのわりに、ブタの顔が暗い?
それより、ブタに見えない?
posted by つくつく坊や at 21:31| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

革のコインケース

妹といっしょにいったワークショップで作りました。

20170602-4.JPG


20170602-1.JPG  20170602-2.JPG


革の裁断、縫い目の穴あけは終わっていて、当日のボタン付けも先生のお仕事。
生徒は、好きな刻印を打って色をつけて、縫うだけです。

刻印の柄がいろいろあって、色も1人分ずつまぜて作ってもらい、革ひもの色も選べたので、色とりどりのコインケースができあがりました。
中には2枚の革の色をかえたり、革の裁断面の色をかえて楽しんでいた人もいて、人気の色は、赤、緑。
妹はうすい茶色で、リスや葉っぱなど6種類くらいの刻印を使っていました。

20170602-3.JPG4つ折りのお札は、ギリギリ入らない大きさです。
コインケースだからしかたないけれど、ちょっと残念でした。
posted by つくつく坊や at 10:17| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

クリスマスリース、2つ

ひとつめは、少し前に作ったリース。

ミルテの枝にハイキングで拾った木の実、そして、毎年使っている飾りをつけました。
今年はミルテの葉に茶色い斑点がでて、きれいな枝は少しだけ。
いつも青々としてきれいだったのに、残念です。

木の実は、ヤブツバキとヤシャブシかな?
メルトボンドを使いましたが、枝につけるのがむずかしかったです。

20161224-1.JPG


もうひとつは、今日の庭そうじで切ったツタのリース。

捨てようと思ってツタを丸めたらリースみたいだったので、ヒメツルソバの花とサンシュユの実をつけました。

20161224-2.JPG

庭そうじしてよかった!
posted by つくつく坊や at 18:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

バンド織りのリード

ヒモを織るための道具、リードを作りました。
木で作るのはむずかしいので、材料はビデオのケースです。

ずいぶん前に全部捨てたと思っていたのに、押し入れの引き出しの中に、切り開いて平らにしたのが何枚も残してありました。
自分で自分に感心、ありがたく使うことにしました。

穴あけポンチで、直径2ミリの穴をあけて、カッターナイフで切れ目を入れます。
失敗して裂けたところは、瞬間接着剤でかためておきました。

大きさは10p×18.3pです。
たて糸をとおすときの目安に、まん中と左右に印の穴もあけました。

このままでは曲がるので、上下を補強。
使ったのは、たぶんカラーボックスの棚板の前についていたものです。
断面がT型になっていて、小口に差し込んであったと思います。
それが、残してありました…(びっくり!)
裏側にT型のでっぱりがくるようにして、両面テープでつけました。

20161125-1.JPG  20161125-2.JPG


20161125-3.jpg  20161125-4.JPG

これで、たて糸43本までのヒモを織ることができます。
posted by つくつく坊や at 22:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

マウスパッド

マウスパッドのかわりに使っていた下敷きが、われました。
下敷きに使っていたときから数えて、ん十年。
よく働いてもらいました。

そして、次のは革製。

20160208-1.JPG


かばんのフタを切っただけで、できあがり。
キズだらけだったので、靴墨をぬってみがきました。

20160208-2.JPG  20160208-3.JPG
上はそのまま、下は靴墨をぬったあと


裏側20160208-4.JPG

posted by つくつく坊や at 15:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

ユーカリのクリスマスリース

春の糸紡ぎ教室で使った、ユーカリ。
乾燥した葉でも染められるので、残った枝はリースにしておきました。

それに、ドライフラワーにしたバラと木の実、いつもの飾りをつけて、クリスマスリースにしました。

20151215.JPG


白っぽい緑色の葉ですが、生葉で羊毛を染めたらこんな色!→



posted by つくつく坊や at 22:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

ベネチアンガラスのペンダント

いろんなもようのガラスを並べて、電気炉で焼いて溶かしたペンダントです。

作り方には、カバーガラス型と書いてありました。
並べたガラスの上に透明ガラスをのせて溶かして、ひとつにまとめるというかんじです。

材料の準備と電気炉で焼くのは先生のお役目で、ガラスを選んで並べるのがわたしたちのお仕事。
かんたんだけど、センスが問われるところです。

2つ作れるので、形はしずく型と四角を選びました。
妹といっしょに行ったら、二人とも同じ形で、並べたビーズの色合いも同じようで…

ビーズの種類も色ももっとあって、選ぶのに困ったのに。
ブローチ、指輪、イアリング、ピアス、帯留め、キーホルダー、髪どめも作れたのに。

左がわたしので、右が妹のです。
チェーンとひもでは、同じくひもを選択。
ひもの色には、ちょっと個性がでたようです。

20151029-1.JPG


金太郎あめのように円柱形だったガラスが、溶けてすきまなく並んでいます。
平らでつやのない裏側も、いい感じです。
20151029-2.JPG
posted by つくつく坊や at 18:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

かせくり器

20151005-1.JPG

あこがれの、かせくり器。
ニット干しを使っている方がいたので、それをヒントに作ってみました。


使わないときは、ヒモがもつれないように棒に巻いています。

20151005-2.JPGとめてあるナットをはずして、コの字型のプラスチック棒を十字に組みかえます。
1本は、棒をはめるための切り込みがはいっています。

もういちどナットをしめて、2本の棒をとめます。
作りがわるくて棒がぐらぐらしますが、そのまま使っています。

棒はカセが落ちない長さで、必要最小限。
カセはいつも同じ長さに巻いています。

この棒は、古い冷蔵庫の棚の縁カバーでした。
冷蔵庫は処分しても、こんなものが捨てられない…
2本あって、長さもちょうどよかったのでそのまま使いました。


20151005-3.JPG  20151005-4.JPG


つりさげるところは、車輪がこわれたキャスター(捨てられない…)、木片とヨートー。
キャスターを水平に保つために、車輪をけずって木片をさしこみましたが、こんなにけずらなくてもよかったかも。
けずるの、たいへんでした。

20151005-5.JPGこれを、押し入れの棚につけた棒につりさげます。
なぜこんなところに棒があるのかは、またいつか。
もちろん、棒はとりはずせますよ。


使ってみたら、キャスターにはいっているベアリングのおかげで、クルクルとよくまわります。
快適です!

20151005-6.JPG


糸を引いたときに、棒の端に糸がひっかからない高さにして使います。
床に座って巻くときは、こんなかんじで床すれすれです。
posted by つくつく坊や at 23:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする