2012年11月14日

ニードルブック

針なんて少ししか持ってないと思っていたのに、裁縫箱を整理してみたら、いっぱいでてきました。

もう少し細い針がほしいと思って買った、「クロスステッチ針」
1本だけでいいのに、大きさちがいの針が8本も入っていました。

「地刺し針」という名の針もありました。
いつか刺し子をしようと思って買ったのかもしれないけれど、すっかり忘れていました。
なかをみたら、クロスステッチ針みたいでした。
しかも、針の番号と本数までクロスステッチ針のセットといっしょ。
実は、同じ針なのかも。

それ以外にも、ビーズの穴には通せても、糸が通らなかった「ビーズ針」
まったく使いこなせなかった、細くて短い「キルティング針」

最近買った、「メリケン針」
これもセットで、12本も入っていました。
そして、ずっと前から持っている「とじ針(毛糸刺しゅう針)」「とじ針(太番手用)」


意外にも針持ちであることがわかったので、ニードルブックを作ってみました。

20121114-1.JPG


表紙は、毛糸を使ったツヴィスト刺しゅうで、中はフェルトです。

20121114-2.JPG  20121114-3.JPG


刺してあるのは、地刺し針とクロスステッチ針と毛糸刺しゅう針。
刺しゅう用の先丸針だけで、いっぱいになってしまいました。
使わない針は、また裁縫箱の底深くで眠ってもらいましょう。

大きさ順に並べたら、地刺しとクロスはどっちがどっちかわからなくなりました。
やっぱり、同じ針なのでしょう…

フェルトだけでも表紙がうまく閉まらなかったのに、針を刺したらますます閉まりがわるくなりました。
ボタンか、ひもをつければよかったです。
posted by つくつく坊や at 19:09| 厦門 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

「スタイルアサヒ」表紙原画展

20121021.JPGもう終わりましたが、金曜日にアサコムホールで見てきました。
刺しゅうイラストレーターMICAOさんの原画展。

原画といっても布に刺しゅうと染めで描かれたイラストです。

「スタイルアサヒ」は知りませんでしたが、「うかたま」の表紙を見てから、ずっと気になっていたイラストでした。
絵のようだけど、刺しゅうのよう。
表紙で見るだけでは、よくわからなくて。

作品は、線のところが刺しゅうで、大きな面積のところが染めでした。
染めに刺しゅうを重ねているところもありました。

イラストを染めと刺しゅうで表現するというのが、新鮮でした。

展覧会を見たあとに、思い出しました。
昔、祖母が刺しゅうと染めで作ったものがあったこと。
布に描いた川に、桜の花や水面が刺しゅうしてありました。
和風で古風。
同じ刺しゅうと染めの作品といっても、ずいぶん違うものでした。
人それぞれ、作品もそれぞれですが、どちらも時代を反映しているような気がしました。

MICAOさんのHPで、作品を見ることができます。
posted by つくつく坊や at 11:40| 天津 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」7月

20120716.JPG


緑がコスモ535、うすい茶から紫の段染めがコスモシーズンズ8065。
陰気な配色になってしまいました。
緑色がよくなかったのか、人も馬も暗い…

去年の8月から刺しゅうを始めた「愛のカレンダー」も、これで12か月分が完成。
もうたくさんという気もするし、手持無沙汰な気もするし。
本には、まだ多色使いのカレンダーが12カ月分残っていますが、これを刺しゅうするかどうかは思案中です。
posted by つくつく坊や at 15:33| 瀋陽 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」6月

20120619.JPG


花びん(だと思うのですが…)の持ち手に、てまどりました。
何回まちがったことか。

コスモシーズンズ8042と、コスモ704。
シーズンズの色の変化、いつもながら大きくて使うのがむずかしいです。
posted by つくつく坊や at 21:37| 瀋陽 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」5月

20120514.JPG


ほんとうは、どれも正方形になる図案なんです。
それが、使っている布のせいで横長になっています。
だから、ウサギ(?)は押しつぶされているみたいで、シカはとっても胴長。

茶色がコスモシーズンズ8034、緑はコスモ118です。
posted by つくつく坊や at 19:01| 瀋陽 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」4月

20120422.JPG


オレンジがコスモシーズンズ8047、青がコスモ214です。
posted by つくつく坊や at 16:35| 瀋陽 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

かっぽう着に刺しゅうしました。

20120409-1.JPG  20120409-2.JPG


プレゼント用のかっぽう着に、ギンガム刺しゅうをしました。
クロスステッチとハーフクロスステッチだけなのに、チェック柄がはいるとずいぶん感じがかわります。
そでには、イニシャルを入れました。



20120409-3.JPG


プレゼント袋は、新聞紙です。
この広告、やっと使うことができました。
マリリン・モンローの顔がどーんとアップになっている広告でしたが、何の広告だったやら…


posted by つくつく坊や at 14:40| 瀋陽 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」3月

20120324.JPG


3月のタイトルは「愛」でした。
男女じゃなくて、女2人にハートというのは…
広く大きな「愛」というが、テーマなのでしょうか?

下にいる動物も、気になります。
まん中の2匹はネコだとして、あとの2匹は?
どっちを向いているのかも、わかりません。

と思いながら見ていたら、うしろ足の方向をまちがってましたもうやだ〜(悲しい顔)

刺しゅう糸は、緑がコスモ328、橙〜黄色がコスモシーズンズ8033です。

posted by つくつく坊や at 11:50| ソウル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

カード織りのこと

20120226-1.JPG「アジアの少数民族展 民族衣装と生活道具」という展覧会を見たときのこと。
北欧の織物だと思っていた、カード織りがあったのでびっくりしました。
展示されていた方にきくと、これはインドのものでブータンやほかのところにもあったそうです。

カード織りに興味があったときに、「紐を織る スカンジナビアの暮らしに生きるバンド織りとカード織り」という本を買ったせいで、北欧だと思い込んだのかもしれません。
その本を読み直したら、「世界中のいたるところで織られているといわれている」とありました。
ちゃんと読んだと思っていたのに…

そのときは、カードを作るだけで力尽きたのですが、また試してみたくなりました。
実は、織物も習い始めてます。
棒だけで織るという、原始的な織物です。
そのうち、ブログにも書きますね。

この展覧会では、民族衣装もすぐそばで見ることができて、写真もOK。
うれしかったです。

20120226-2.JPG


花びらの中のもようは、こうなっていました。
とっても細かいです。
右側のは、布を四角く折って赤糸と青糸で縫いとめてありました。

20120226-3.JPG  20120226-4.JPG


バッグとその刺しゅう。

20120226-5.JPG  20120226-6.JPG


民俗衣装の胸元の刺しゅう。

20120226-7.JPG  20120226-8.JPG


20120226-9.JPG


展示は3月2日(午後3時)まで、アサコムホール。
土日はお休みです。
posted by つくつく坊や at 11:05| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」2月

ちょっと、地味です。
青がコスモ314、茶色がコスモシーズンズ8043。

20120219.JPG


まんなかにあるのは、花瓶びんだと思うのですが、「獅子頭」みたいで…
posted by つくつく坊や at 20:41| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」1月

20120128.JPG


緑色はコスモシーズンス8050、赤はコスモ0025。
posted by つくつく坊や at 22:03| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

ブルキナファソの刺し子

「世界のかわいい刺繍」という本にあった、ブルキナファソという国の刺し子がすてきでした。

布目をかぞえて刺しているのに、おおらか。
日本の「こぎん」や「刺し子」のように、布の補強なんていう役目はなくて、ただただ装飾としての刺しゅう。
白地に黒糸でぽつんぽつんと刺してあるもようが、とってもモダンでした。

その刺し子の「さかな」が気にいったので、写真をみながら刺してみました。


20120117.JPG

posted by つくつく坊や at 17:56| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

トートバッグに刺しゅう

キャンバス地のトートバッグに、刺しゅうしてみました。
目が数えにくくて、まちがってばかり。
きれいに刺せませんでした。
使っているものに刺しゅうをしてみたかったのですが、ちょっと無謀だったかも。

20111214-1.JPG


本では、細長いテープに刺しゅうしてありました。
フランス語のほうを刺しゅうしたのですが、OもDも同じ形なんです。
誤植?それともデザイン?

20111214-2.JPG  20111214-3.JPG



posted by つくつく坊や at 19:55| ウィーン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」12月

20111212-1.JPG


ピンクと緑の配色はどうかなと思って、糸を選んでみました。
でも、失敗。
緑だと思って選んだ糸は、黄緑、青緑から藤色へと大変身。
とても、同じ糸で刺したようには見えません。

20111212-2.JPG束のときは、いい配色だと思ったのに・・・
いつもいつも、ぼかし染めの糸にはだまされてしまいます。


posted by つくつく坊や at 23:17| ウィーン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」11月

20111119.JPG

ニワトリ、クジャク、それからイヌでしょうか。
作者のこだわりなのか、上のイヌと下のイヌが微妙にちがいます。

糸は、コスモシーズンズ8029黄と8056青です。
8029は色の変化が大きくて、縁のくりかえしのところは、きれいなグラデーションになっています。

posted by つくつく坊や at 18:34| フランクフルト | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

ギンガム刺しゅうの食事エプロン

201111021.JPG

もとは、長方形で、裏も表もギンガムチェックを使ったペタンコカバンでした。
その布をつなぎ直しただけの、かんたんなエプロンです。

この布を使ったのは、ギンガム刺しゅうを試してみたかったから。
本で見てから、ずっと気になっていた刺しゅうなのです。

刺しゅうは、とってもかんたんなんですよ。

ダブルクロスステッチ、ストレートステッチ(たて向き)をくりかえして刺しゅうします。
201111023.JPG  201111024.JPG

ストレートステッチ(よこ向き)をして、つぎのストレートステッチをするまえに、糸をステッチの下をくぐらせて輪にします。

赤いところに白糸でダブルクロスステッチ、うすい赤のところに、白糸でストレートステッチ。
チェックになっている2色の糸をつかえばいいので、その反対の、白いところに赤い糸という組み合わせでも。


201111022.JPGポケットと首のうしろは、面ファスナーでとめます。
家にあった粘着テープつきのものを使ったのですが、これは大失敗。
しっかり縫いつけようとしたら、針に粘着材がついて、たいへんでした。





posted by つくつく坊や at 18:49| フランクフルト ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」10月

20111030.JPG

8月9月の反省をふまえて、色がまじらないように気をつけて糸を選びました。
コスモシーズンズ8047橙色と、8068紺色です。
でも、こんどは紺色の糸の濃淡がはげしすぎました。
posted by つくつく坊や at 16:34| フランクフルト ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」9月

201109281.JPG


色は、緑と黄土色を選びました。
コスモシーズンズの8024と8048です。

結果は、オレンジに抹茶がまじったような。
味を想像したくないような、配色になってしまいました。

201109282.jpg中央にあるカップのようなものは、「クラシック・クロスステッチ」に「大きくがっしりした木」とありました。
両脇の2本とそれをつないでいるところは、「草原や森に生えている花や木を強く模様化したモチーフ」

三角が花や木というのは納得できても、カップが木とは想像もできません。

タイトルは「精霊」で白鳥のことなのですが、そのポーズは「激しく攻撃型の姿勢をとっている」
そう思って見ると、にらみあっているようにも見えます。
でも、精霊どうしが対決はしないだろうから、頭をさげた求愛ポーズかも。
けりを入れているような足が、気になるけれど。

201109283.JPG
白鳥、攻撃のポーズ



posted by つくつく坊や at 11:40| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

アッシジ刺しゅうのドイリー

20110921.JPG


アッシジ刺しゅうで、ドイリーを作る講習に行きました。
時間内でできあがると思っていたのに、できたのはここまででした。

アッシジ刺しゅうは、クロスステッチとホルベインステッチを使ったイタリアの刺しゅう。
図案は鳥や花が多いそうですが、まわりをクロスステッチでうめていきます。

講習会では、横方向のクロスステッチを、右から左へノの字に刺していって、メの字にしながらもどりました。
本でおぼえたのとは、進む方向が逆でした。
つまり、どっちでもいいということなんですね…
迷わす、己の道を進むことにしましょう。

糸の通し方は、これから練習します。
いつも糸端をなめて通していましたが、講習会ではちょっと…

二つに折った糸端で、針の頭をはさんで折り目をしっかりつけて、針の穴に通す。
やってもムリと思っていましたが、あっというまに糸を通す先生の姿を見て、反省しました。
なめるより、はやい!
がんばります。



posted by つくつく坊や at 00:19| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」8月

20110831-1.JPG

ずーと前、って、もう30年も前です!に買った本を見て、刺しました。

「デンマークのクロスステッチ 愛のカレンダー」
多色使い、2色使いの図案が、それぞれ12カ月分のっています。
いいなぁと思いながら見るだけで、刺しゅうしたことはありませんでした。

その表紙を久しぶりに見たら、8月のデザイン!
まよわず、刺しゅうすることにしました。

赤と青の2色のかわりに、また、コスモのシーズンズを使っています。
赤っぽい糸と、青っぽい糸をえらんだのに、どっちにも赤紫色のところがあって、色分けしたかいがありませんでした。

布もこの前のサンプラーと同じなので、正方形のデザインが横長になっています。

刺しゅうしながら、これは、何?と思うところがいっぱいでした。
いちばん上の花の横にあるのは、葉っぱ? 旗?
そして、その横にあるのは、コーヒーミルなのでしょうか?

タイトルは、「やすらぎ」でした。

20110831-2.JPG 12か月分刺しゅうできるくらい、刺しゅう熱がつづきますように…


糸の束を並べて見たら、しっかり赤と青。
こんなに、ちがうのに。

20110831-3.JPG





posted by つくつく坊や at 15:44| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする