2015年11月14日

新田会所で綿紡ぎ

東大阪にある鴻池新田会所に行って、綿の種とりから、綿打ち、紡ぎまでを体験させてもらいました。

20151114-1.JPG綿繰機は、ほんとうにすぐれもの。
パスタマシンとは段違いで、失敗もなく、すいすい種がとれました。

パスタマシンの種とりは、こちらの記事で→




綿打ち道具は、竹の棒にテグスや楽器の弦のようなものをはってあります。
綿が舞うので、ここではビニール袋の中で作業しています。

種をとった綿を下に置いて弦をはじくと、綿があっというまにほわほわ。
弦の細かい振動で、繊維がほぐされるというかんじでした。

20151114-2.JPG  20151114-3.JPG


紡ぎ車もまた、単純な構造なのによくできた道具。
竹の皮を撚ったひもの撚り目に、ツムを刺して固定してあります。
ひもの後ろに竹ひごが刺してあったので、糸車の糸の張りを調整できるのかも。
ツムに竹の皮を巻いておいて、そこに紡いだ糸を巻き取っていきます。

20151114-4.JPG  20151114-5.JPG

道具はすばらしいけれど、そうかんたんには紡げません…




20151114-7.JPG  20151114-6.JPG 

posted by つくつく坊や at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

かぎ針編みのショール

20151027-1.JPG





やっと、ショールができました。
糸を紡いでは編んで、紡いでは編んで。
ブログを見たら、8か月かかっていました。


双葉のような縁飾りが、ついています。
これがあるから編みたかったショール。

20151027-2.JPG








この本の作品です。
双葉のところは、写真付きで編み方説明があります。

4579114949ニットのウェアと冬こもの バレリーナにあこがれて
遠藤 ひろみ
文化出版局 2014-08-22

by G-Tools



posted by つくつく坊や at 22:17| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

ストレッチ編みのマフラー

妹がOSAKA手作りフェアで習ったミニマフラーを編んでくれました。

20150921-1.JPG


糸の太さがちがうので、同じ目数でもやや大きめです。

20150921-2.JPG編み方を説明しているページをみつけました。
楽天の店長さんが、ベストとミニストールの作り方を写真と文章でつづっています。
→ 「ストレッチ編みふんとう記」

妹にも読んでもらって、次にも期待!
posted by つくつく坊や at 10:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

糸紡ぎ、白と青

白は単糸ですが、青は双糸にしました。
がんばって細く紡いだつもりなのに、双糸にすると思いのほか太い糸でがっかり。

20150917-1.JPG  20150917-2.JPG


単糸は、Z撚りです。
右手人差し指を親指の根元のほうに引いて、スピンドルの軸をまわすのですが、この指の動きは自然で楽な気がします。

そのせいなのか、双糸にするときに指を反対に動かすのがむずかしいんです。
しかも意識しないと反対にまわしてしまって、あせります。

20150917-3.JPGそれで、双糸にするときは左手を使うことにしました。
右手と同じように人差し指を親指の根元に引くと、軸をS撚り方向にまわせますから。

右利きですが、なれると左手でも快調!
posted by つくつく坊や at 11:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

OSAKA手作りフェアで、編物

いつもながら会場は手作りする人の熱気がいっぱいで、人波をかき分けつつ、買うか買うまいか。
「まようねんやったら、買うのんやめとこ」と思いつつ、いつか何かに使うかもと買ってしまうので、手ぶらで帰るのはムリなんですよ。

今年は、いっしょに行った妹が「ストレッチ編」の講習会でミニマフラーに挑戦しました。
「ストレッチ編」というのは、アフガン編みの針を平たくしたような針を2本使った編物でした。
名前は聞いたことがあるような気もしますが、見たのは初めてです。

棒針編みができない妹は、指の使い方と目数の数え方に苦戦。
30分後に見に行ったときは、10pくらいしか編めていませんでした。

あとで、できたものを見せてもらったら、ストレッチという名のとおりよく伸び縮みする、やわらかい編み地。

  20150912-1.jpg

20150912-2.jpg  20150912-3.jpg
初めてでこれなら、合格かな。

展示してある作品は、いろいろな模様編みでセーターや帽子を編んであるのですが、かぎ針編みのような、棒針編みのような…

針のかたち、糸のかけ方をかえると、いろんな編み地ができるんですね。
編み地が使う目的にあっていれば、どんな編み方でも、まちがいではなくて自分の編み方、新しい編み方になるのかも。

そんなことを思ったのは、少し前にこの本を見ていたからかもしれません。

4766128060棒針の作り目と止め 211種類のバリエーション
キャップ・シーズ
グラフィック社 2015-07-07

by G-Tools

好きなように作り目をしても、同じ編み方があると思えるくらい、たくさんの編み方がありました。
作り目と止め方だけで、211種類!

中には、友人がレストランのウェイトレスから教えてもらった編み方や、雑誌の記事から母、娘へと伝えられている編み方も。
少しずつちがう編み方が延々と紹介してあって、自分の作り目の編み方をみつけるのもたいへんでした。

この本によると、わたしの作り目は、かつて「ニット・キャストオン」で、今は「チェーン・キャストオン」。
posted by つくつく坊や at 22:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

糸紡ぎ、ここまで

原毛5gくらいを4つにわけて、カード。
カードをていねいにしないと、きれいに紡げないということを、やっと悟りました。
カードの途中に、指でもほぐし、ほぐしきれない粒はちぎって捨てて。
最後は、ほんわかした棒状に。

20150901-1.JPG  20150901-2.JPG

色合いがすてきだったアルミ媒染ユーカリ+タデアイも、紡ぐと茶色。
右は鉄媒染玉ねぎ。


10g〜5gずつ、いろんな色を紡いでいました。
少ししかない色には白を混ぜて増量もしましたが、なんとなくほこりっぽいかんじの色。

20150901-3.JPG撚りどめは、お湯につけてから干すという方法です。
かせをずらすために暑い物干しに出るのがイヤだったので、風呂場に干していました。

かせを斜めにかけて、長さを確保。
レジ袋に水を入れたものが、重りです。



20150901-5.JPG茶色系の糸。
上は混色。
下は左から、鉄媒染玉ねぎの濃淡、鉄媒染ユーカリ+タデアイ、アルミ媒染ユーカリ+タデアイ、鉄媒染やまもも。




20150901-6.JPG青緑から茶色系の糸。
上は混色。
下は左から、タデアイの濃淡、アルミ媒染玉ねぎ+タデアイ、鉄媒染玉ねぎ+タデアイ。





20150901-4.JPG黄赤から茶色系の糸。
上は混色。
下は左から、アルミ媒染玉ねぎ、アルミ媒染やまもも、アルミ媒染ユーカリ、鉄媒染ユーカリ。





posted by つくつく坊や at 21:49| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

糸紡ぎの途中

4月に刈った羊の毛は、その後、洗って染めたところで夏休み。
夏休みの宿題が、糸紡ぎです。


20150829-1.JPGユーカリ・シネリアの葉で染めたもの。
左が鉄媒染の朱色、右がアルミ媒染のオレンジ色。

ほかに、ヤマモモの樹皮、玉ねぎの皮、タデアイでも染めました。
ユーカリと玉ねぎで染めた一部は、さらにタデアイで染めたので色数も倍増。

屋外での洗いと染めの作業は、暑さと単調な作業のくりかえしでぐったりでしたが、染まった羊毛に毎回いやされていました。


20150829-2.JPGそして、ここからは家仕事。
洗っても染めても、草の破片がいっぱいからみついているので、毛をほぐしながらとっていきます。

孤独で静かな作業が、延々でした。
大きなゴミ袋と白い紙を、洗濯バサミで上着のすそにとめ、玄関の上り口に座って延々と。

20150829-3.JPG
左の袋の中が作業前で、右側のが作業後。
ほんのたまには、こんなにきれいなのも。






あとはカードして、どんどん紡ぐのみ。
たくさんある白で練習してから、色ものへ。
紡いだ糸の色がふえてくると、紡ぐのが楽しくなってきました。

20150829-4.JPG  20150829-5.JPG

20150829-6.JPG


posted by つくつく坊や at 21:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

羊の毛刈りをさせてもらいました。

ビフォーは撮りそびれたので、アフターだけ。
ドーセットホーンという羊で、ツノが大きいので体も大きいように見えますが、意外に小さいです。

ツノのすきまに耳。
こんなところにあったとは…

20150422-1.JPG  20150422-2.JPG

動物園の職員さんが動かす電気バリカンに手をそえる程度で、3筋くらい刈らせてもらいました。
これで毛刈り体験は終わり。

そのあと、刈った毛を選別しました。
ねっとり、しっとり、こってり、びっちょり…
生々しくて、素手でさわるのはちょっと覚悟がいりますよ。

これを糸にして染めてマフラーを織るという、半年間の講座がはじまりました。
くさいけど、がんばります!

20150422-3.JPG


posted by つくつく坊や at 20:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

かぎ針をかえて編みなおし

編物の達人に編みかけのショールをみてもらったら、もう少し太い針で編んだ方がいいよっていわれました。

それで4号と6号がセットになっているかぎ針を買ってきたのに、使っていた3号の竹針が4号の金属針より大きかったんです!
6号よりは小さかったので、3号といいつつ、実は5号だったのかも。

20150331-1.JPG


軸にあった数字はまちがいなく3と7でしたが、3号と7号の組み合わせというのも、ちょっと変ですよね。

ずいぶん昔のものなので、大きさががいいかげんな安物だったのか、それとも外国製だったのか…
これでしか編んだことがなかったので、大きさがちがうなんて思ったこともありませんでした。

使ってみると、新しいかぎ針が編みやすいということもわかりました。

古いかぎ針は鎖編みの目にさしこみにくくて、へたをすると先が左中指にあたって痛いんです。
それがしょっちゅうなので、編んでいるうちに指が赤くなりました。

新しいかぎ針はすっと鎖の目に入るので、力もいらないし、あたりも柔らか。
これで編むのが、ずいぶん楽になりました。


20150331-2.JPG
編みなおし、終了。
少しだけ、ゲージが大きくなりました。
紡ぎ終えた糸で、続きを編みます。


posted by つくつく坊や at 23:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

パスタマシンで綿の種とり

友だちからずいぶん前に届いていた、綿の収穫、第2便。
何もしないまま冬を越しましたが、やっと綿繰りをすませました。

この前は「ペーパークリンパー」でしたが、こんどは待望の「パスタマシン」です。
ユーチューブであっけなく綿繰りしているのを見ているので、かんたんにできると思っていたのですが、そうはいきませんでした。
動画を見ていない方は、前の記事からどうぞ→ 

デニムをはさんでまわしたら、均等に引き込まれなくて失敗。
段ボール紙とか、フリースとか、いろいろ試しましたが、うまくいきませんでした。

ギザギザのところで試したら、あと一息というところまで種からワタをはがせましたが、ワタの繊維を切ってしまっているような気がして…

そんなこんなで、がっかりだったのですが、別の動画で革をはさんで綿繰りしているのを見つけました。




気をとりなおして、革でやってみたらうまくできました。

20150322-1.JPG
デイパックの底に使ってあった、厚みのある革。
捨てずにおいてありました…

それをはさんで回せるように、目盛をあわせます。
綿はタネ1つずつに分けて、1列に並べます。



20150322-2.JPG  20150322-3.jpg
全部成功(左)と、1つ失敗(右)


3〜4こくらいをハンドルに近いところに並べて回すと、だいたい成功しました。

欲張って数を増やすと、種も引き込まれて、ワタにかけらがまじってしまいます。
こうなると、よけい手間がかかるので、少しずつ少しずつ。
種だけ上にうまく残ると、快感ですよ!

20150322-4.jpg
posted by つくつく坊や at 22:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

かぎ針編み始めました

これで、30g。
先は長いです。

20150209.JPG


posted by つくつく坊や at 22:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

妹の手編み、かぎ針編みの帽子

ベストは妹のでしたが、この帽子をもらいました。

20150111-1.JPG


記憶にないのですが、これもわたしがあげた糸だとか。
白に黒がまじったモヘア糸で、パッと見には汚れているように見えるんですが…

長編みと鎖編みの格子で帽子を編んで、その上に白糸でこま編みと鎖編みをしてあるようです。
かんたんな編み地ですが、リバーシブルで使えます。
考えた人、かしこいです。

20150111-3.JPG  20150111-2.JPG

posted by つくつく坊や at 21:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

初めて紡いだ糸が、こうなりました。

糸紡ぎ教室で初めて紡いだ毛糸は、妹にあげました。
太さもまちまちで、撚りもきつかったりゆるかったり。
まともに編める気がしないからあげたという、ちょっとずるい姉なのでした。

それから2年以上たって、やっと妹がベストにしました。

20150109-1.JPG  20150109-2.JPG


     ふつうの糸で編んだように見えるから、ふしぎ。20150109-3.JPG





posted by つくつく坊や at 21:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

妹の手編み、かぎ針編みのくつした

20141213-1.JPG

妹から手編みのくつしたをもらいました。

誕生日はとっくにすぎているし、クリスマスにはまだ早いというのに、なぜか突然。
うーん、どっちなんだろう?


赤ちゃんのベストを編んだ糸があまったので、編んだそうです。
かかとの2本どりは、1玉を2つに分けるのがめんどうだったので、別の残り糸とあわせて編んだそうです。
ありがとうの気持ちが、ちょっとへりましたよ。

20141213-2.JPG編み目がスカスカしていますが、重ねばきすると意外に暖かいです。
posted by つくつく坊や at 22:32| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

ベストを縮絨(しゅくじゅう)しました

ベストが、展示会の参加賞、ベーコンといっしょにもどってきました。
もう色が落ちて、まだらになってもかまわないので、縮絨します。

20141212-1.JPGシャンプーをとかしたお湯にベストをつけて、やんわり洗いました。
ちゃんと縮絨できたのかよくわからないのですが、終了。





20141212-2.JPGやっぱり、すごく色が落ちました。








20141212-3.JPGすすぎの1回目は、この水の色。
でも、もうそれ以上は色が落ちませんでした。

ベストの色もそれほど変わったように見えないので、一安心。
これで、着れるようになったかな。


posted by つくつく坊や at 19:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ベストできました。

これができるまでに、何回手を洗ったことでしょう。
やっぱり毛糸がたりなくて、エリは半分くらいしか編めませんでした。

糸紡ぎ教室の展示会にまにあって、ほっと一息。
ほんとうは軽く洗ってアイロンで仕上げるのですが、それは展示のあとにします。
色落ちが心配というより、きっと落ちる…

20141117-1.JPG  20141117-2.JPG
posted by つくつく坊や at 23:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

ベストを編んでいます。

6月に染めた糸で、ベストを編みはじめました。
20141105-1.JPG
パパッと染めたせいなのか、糸を玉にまいただけで指が青くなるんです。
もちろん、編んでいるうちにも。
着たらどうなるんでしょ…

そして、ここまで編んで、糸がたりないような気がしてきました。
このベストには、タートルネックのようなエリがついているんです。
そのエリが暖かそうでいいのに。

20141105-2.JPG


前後身ごろは、輪に編んでいます。
指なし手袋を編んだ経験から、前と後ろを別々に編んだら、同じ大きさに編むのがむずかしいと思ったので。
そで口から上は前後にわけますが、輪針のまま糸を2玉にして前後身ごろを1段ずつ編んでいます。


本の編み方では、ふつうに身ごろを前後別々に編んで、脇でとじるようになっています。
身ごろは、前後とも同じかたちで長方形。
肩もそで口も、減らし目なしです。

4579114930michiyoの編みものワークショップ
michiyo
文化出版局 2014-08-22

by G-Tools

posted by つくつく坊や at 22:43| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

綿の種とり、いい方法!

友だちに綿の種をあげたら、綿の実になってかえってきました。
去年はほんの一握りでしたが、友だちと2人でワタと種をわけるのに苦労しました。

今年はそれの何倍もあるのに、友の助けがないんです。
とにかく自分の指だけでは力不足なので、とげ抜きを使ってみました。
これはなかなか名案で、きれいにワタと種を分けることができるし、右手の指は楽チン。
でも、種をつまんでいる左手の指がだんだん痛くなってくるので、そんなに長くは続かないんです。

綿繰機が、あったらいいのに…
ハンドルを回すと、種がうそみたいにポトポト落ちて、ワタが向こう側へ送られていくんですよ。
夢のような道具です。
綿繰機、綿繰機、綿繰機って思っていたら、いいものを見つけました!

20141024-1.JPGローラーのあいだに紙をとおすと、もようが型押しされるというもの。
ペーパークリンパーというらしいです。
しばらく前に買ったけれど、出番がなくてほこりをかぶってました。

試してみたら、種をまきこんで押しつぶしてしまうことがあるのが難点でしたが、使えます。
ローラーのかみあわせが狭そうな端に置いて試したら、まあまあうまくいきました。
とげ抜きよりは、有能です。
これで、未来が明るく開けましたよ。(それくらいの感動、ありました)

20141024-2.JPG  20141024-3.JPG


つぶれた種のカスをとるのは、少しめんどう。
きれいに綿がとれなかったのは、2回通したり、とげ抜きを使ってとりました。
1回通しただけの成功率は、こんなものなので大きな期待は禁物ですが、充分満足。

20141024-4.JPG


種は友だちに送りかえして、また来年の収穫を楽しみに待とうと思います。
ペーパークリンパー、だいじにしなければ。



と思っていたら、こんな方法がありました!!
来年は、パスタマシーン!

posted by つくつく坊や at 14:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

糸紡ぎ教室の宿題、汚毛洗い

羊毛を紡ぐなら、これも体験しなければということで、汚毛洗いの宿題がでました。

20140715-1.JPGわたされた汚毛は、ほんとうにきたない…
毛の脂分で手がすべすべになるっていわれましたが、遠慮してゴム手袋を使いました。

写真左下の小さい袋にはいっているのが、練りモノゲンというクリーム状の洗剤です。

20140715-2.JPG


袋からだしてほぐしていくと、ここは牧場?動物園?という香りがそこはかとなくただよいました。
思っていたよりは、ほんわりとでしたけれど。
それに、内側は以外に白くてきれいでした。


20140715-3.JPG
洗剤をお湯でといて、汚毛とひたひたのお湯(80度以上)にまぜて、汚毛を入れて、ビニールの落としぶたとなべのふたをして、一晩。

脂分をとる加減がだいじだそうですが、加減をどこでどう見たらいいのかわかりません。
とにかくきれいになってくれれば、成功。

次の日に、ぬるま湯で3回くらいすすぐとおしえてもらいましたが、5回はすすぎました。

汚れが残っている毛先だけ、指でチッチッチと洗います。
それ以外は、そっと扱わないとフェルト状になります。

そういわれていたのに、チッチッチと夢中になって洗っているうちに、ところどころで毛がからまってしまいました。

かわかす前に、ちょっと引っぱって広げておきましたが、これもどこまでしていいものなのか。
こういう加減というのは、何度も経験しないとわからないことだと思いました。

白くなったらゴミが目について、とってもとってもキリがない。
砂、脂、ゴミがなくなったら、130gあった汚毛が90gになって、なんと3割減!

20140715-4.JPG

この白さ、見ているだけで達成感あります。
posted by つくつく坊や at 14:58| グァム ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

高嶋タティング

20140412-1.JPGタティングのシャトルは買ったものの、できないとなげいていた妹への誕生日プレゼントです。

毛糸でもタティングできるというのが魅力的で、自分でも試してみようとずいぶん前に買ってありました。
それなのに、編めたのは小さなモチーフ2つだけです。

針にかけた糸から、スーッと針を引き出すのがむずかしくて、それっきり。
コツをつかむまでに、誕生日がきてしまいました。

がんばれ、妹!

20140412-2.JPG  20140412-3.JPG
posted by つくつく坊や at 14:24| シドニー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする