2020年10月28日

夏の続き、その1

夏に布を切るところまですんでいたのに、ほってあったズボンを縫いました。

本の型紙どおりに切ると布がたりなかったので、ウエストのゴムを通すところは布を縫いつないで。
裾のほうは幅がとれなかったので、ちょっと幅を削って細くして、なんとか。
それでも、ちゃんとはけました。

20201028-1.JPG  20201028-2.JPG

posted by つくつく坊や at 20:06| 大阪 | Comment(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

ショルダーバッグ

肩掛けカバンと書きたいところを、ぐっとこらえて、タイトルはショルダーバッグ。
ものの名前を書くときに、古いかも?と迷うことが多い年齢です。
筆箱、ゲタ箱、運動靴、ズボン、チョッキ、よだれかけなど、たくさんあってちょっとさびしいな…

マグネットホックを修理したカバンですが、端々がすり切れてきたので新しくしました。

20191012-1.JPG  20191012-2.JPG


A4ファイルがはみださないように、袋部分をたてに伸ばして、その分肩掛けひもは短く。
長財布がはいるように、内ポケットを大きく。

20191012-6.jpgそれ以外は、形も作りもマネしたのですが、ひものつけ方は謎でした。
袋布と袋口の見返し布にひもを、どう縫いあわせているのかわからないんです。
内布はついていないけれど、見返しと袋布のすきまが狭くて、どうなっているか見えませんでした。

ひもをつける位置がずれていたので、そんなふうに(だいたい)袋布と見返し布のひもつけ部分の長さ、ひもの表と裏の長さをかえて、それらしく(ムリに)縫い合わせました。
だから(当然)、ひもつけ部分はシワになってしまいました。

20191012-4.jpg   20191012-5.jpg

ひもは縫って表に返し、袋布は脇と底、見返し布はポケットと脇を縫っておきました。

ひもの表側と袋布、ひもの裏側と見返し布を中表に縫いあわせてから、袋布と見返し布を中表にあわせて、縫えるところまで縫いました。
それを表に返して、端ミシン。
縫いきれずに残っていたすきまを、これでふさぎました。
きちんと裁って縫っていたら、この方法でもきれいにできていたかも。

ひも付け部分の縫いしろは、割ってありましたが、これは縫いしろがかさならない向きに片倒し。
縫い目がに力がかかっても、このほうが安心かなと思って。

20191012-3.JPG底の縫いしろをテープで包むところは、しつけをして無事にミシンで縫えました。
ムリして針を折っていたので、急がずあわてず、慎重に。

袋布の縫い目に落としミシンをして、見返しが浮かないようにするのも、いい方法だなぁと思って、マネしました。


使い勝手は、まあまあです。
A4ファイルも入るし、必要なものもゆったりおさまります。
そのかわり肩掛けひもが短くなったので、布が新しくてかたいせいか、斜めにかけると少しきゅうくつかな。

ポケットは、長財布の重みで口がべロンとなって傾くので、安全ピンでとめました。
下のポケットに入れたものを、手探りでサッと出すのがむずかしいですが、そのうちに慣れるでしょう。
posted by つくつく坊や at 17:40| 大阪 ☔| Comment(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

パジャマ、パジャマ

前回のパジャマは大きすぎて夫用にしたので、こんどは自分用。
体型にあわせて型紙を小さくする方法を知らないので、別の本の型紙を使って作りました。
同じ布を買いたして作ったので、初のペアルックです。

20180820-1.JPG


20180820-4.JPG
できあがりは、また少し大きめ。

前のよりましだけれど、そで丈はそで口を始末するときに切って短くしました。
そで口の縫いしろを三つ折りして縫うことができなくなったので、別布をつけて始末しています。
左が、別布をつけたそで口です。



ついでのついでだから、夫の半そでパジャマも作っておきました。

20180820-5.JPG長そでより、こっちの方が緊急事態!
少なくとも、わたしはそう思う。

洗濯は夫がしているし、夫より先に寝てあとで起きるから、ずーっと気がつかなかったのですが、この前パジャマ姿を見てしまいました。

肩とそでの後ろ側で、まん中の白がはっきりしているところは、身ごろとそでの縫いしろがかさなったところです。
その両側は紫の糸だけが格子状に残っていて、ハーダンガー刺しゅうができそうな。

たぶん、無意識に肩や腕をかいているのでしょうが、継続は力なり。
4年ほど夏にがんばった成果が、これです。
涼しくても、もういいのでは…


20180820-3.JPG  20180820-2.JPG
まん中が、前に作ったパジャマ。
右側の半そでに比べたら、小さいです。


4529030466パジャマの本
あらや ひとみ 西山 晶
日本ヴォーグ社 1998-03

by G-Tools
本は、図書館で借りました。
できあがりも、写真じゃなくて全部イラストでした。


posted by つくつく坊や at 23:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

大きすぎたパジャマ

20180811-1.JPG  20180811-2.JPG


型紙を作っているときから、なんとなく大きいような気がしたのですが、ゆとりたっぷりなんだと思って、布を裁ちました。

それでもちょっと心配になったから、今着ているパジャマにのせたら、やっぱり大きいけれど、縫いしろ2pあるからね。
そのせいだからねと自分で自分を納得させて、ズボンを先に縫いました。

それは、ゴムを入れていないせいでもありましたが、見るからに大きいです。
念のため、夫のパジャマにあててみたら、それより大きい!

しかたがないから、これは夫にあげました。
posted by つくつく坊や at 22:13| 大阪 ☁| Comment(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

ラグランスリーブのブラウス

赤ちゃんの服も人形の服もたくさん縫ったから、そろそろ自分の服もちゃんと作れるかもと思うものの、失敗しそうでこわいから、ずーっと前に買ったままほってあった布で作りました。

正解です。
慎重に裁断して、日をあらためてさらに慎重に縫っていったのに、最後の最後、ボタンをつけようとしたら、身ごろの前端の長さが左右で1pくらいちがっていました。
それも、ボタンホールを作ったあとのこと。
どこでどうまちがうと、こうなるのでしょう?

エリをはずして縫いなおす気力はないから、すその位置があるようにしてボタンをつけておきました。
着たときにエリがかさなるデザインだから、パッと見にはわからないかもしれないし。
いや、写真で見たらやっぱりちがうでしょ

20180601-1.JPG  20180601-2.JPG
本のブラウスは、縦じまの綿ポプリンで作ってありました。



「ゆったりめのサイズなので、実物大パターンは1サイズです。」ということで、この本の型紙はどれも1サイズで、服によってM〜MLかM〜L。

型紙に縫いしろがついているのが、うれしかったです。
少なくとも、縫いしろのつけまちがいはしなくてすんだので。

4579115163心地いい服 わたしのスタイル
小原 洋子 (コットンハウス・アヤ)
文化出版局 2015-02-27

by G-Tools

posted by つくつく坊や at 23:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

パジャマのズボン

20140729-1.JPG

布が余っていたので、ズボンも作りました。

20140729-3.JPGパジャマの上着は破れても、ズボンはまだ使用可能。
でも、それほどもつとも思えない状態だったので、思い切って型紙にしました。

残った布でできたズボンは、ステテコ丈。
夏物ですからね…

なくてもいいといわれましたが、がんばって前あきもつけました。

20140729-2.JPG








3mで作った、夏物パジャマ上下。
posted by つくつく坊や at 22:09| グァム ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

男物のパジャマ

夫のパジャマの左肩のうしろが、みごとに裂けていました。
まわりの生地もうすくなっていて、繕うことができません。

そして、引き出しから出してきたかえのパジャマも、同じように裂けている!
なぜ左だけ? なぜ引き出しに?

20140726-3.JPG謎はとけなくても、半袖パジャマがなくなったので、夫を連れて布地屋さんへ走りました。
作ったパジャマをチクチクするといって使ってもらえなかったことがあるので、布選びは夫に。
でも、決定権はゆずらず、他にも使えそうなこの布にしました。
ギンガムチェックですが、ちょっとデコボコした織目の布です。


20140726-2.JPG肩が裂けたパジャマを縫い目で切って、型紙にしています。

揚柳生地だったので、少し伸びているような気がしましたが、そのまま使いました。
伸びたパジャマをふつうに着ていたので、そのままがいいでしょう。

そでつけ寸法があわなかったので、そでの幅を切って身ごろにあわせました。
縫い目で切りはなして、そでと身ごろの型紙にしたのに…
そでの生地が伸びていて、切り離したことでそでの縫い目も伸びたのでしょうか。
着古した服を型紙に使うと、そういうキケンがありました。


えりつけがむずかしくて、えりぐりがなんとなく開いていているような気がします。
夏物だし、きゅうくつよりはゆったりがいいけれど…

20140726-1.JPG

ボタンは、再利用。
使わないので、ポケットなし。


posted by つくつく坊や at 20:33| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

新しいかっぽう着

20131228-1.JPG


新年に使えるように、新しいかっぽうぎを作りました。
同じ形でつくるのは、これが3着め。
 第1作→
 第2作→

3着めだからささっと作れると思っていたら、思わぬミスをしてしましました。
えりぐりの裁断まちがいもうやだ〜(悲しい顔)

第1作の裁断図をみるとわかるのですが、布はめいっぱい使っていて、もう残りがありません。
考えに考えた布の捻出作戦は、
1.えりぐりの布だけで、ポケットを作る
2.ポケットに使わなくてすんだ、すその角をおとした布を半分に切って、えりぐりに縫いつける

今回使った布は、前のより10cmくらい長かったので、すそを切って布を捻出することもできたのですが、丈を長くしたかったので、こんなふうになりました。

20131228-3.JPG  20131228-2.JPG

posted by つくつく坊や at 23:34| ドバイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

自分の服

人形の服をたくさん縫ったので、こんどは自分のもの。

20120810-1.JPG


えりをとったブラウスをまねして、作りました。
使ったのは、古い着物です。

20120810-2.JPG

20120810-3.JPG


タックの位置は、わざとずらしたんです。
バイアスでくるんだところが、ごろごろしないように。

タックの本数が少ないのは…
また、もうやだ〜(悲しい顔) 
1本へらさないといけない事態におちいったんです。
それも、完成してから。
がく〜(落胆した顔) で もうやだ〜(悲しい顔)


    
posted by つくつく坊や at 20:54| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

かっぽう着

20120403-1.JPG  20120403-2.JPG


プレゼント用の、かっぽう着です。
前に作ったのと、すっかり同じ。
布を買うんだから、ふつうに作ってもいいのに、また同じ。
布が少なくても、なんの問題もなく使えているので、そのままでいきました。

しかし、忘れないように書いておいた作り方が、すでに理解できず。
前に作ったのを手本にして、やっとできました。
とくに、そで付け。
布をけちった分、複雑で、手間がかかってました。

20120403-3.JPG




posted by つくつく坊や at 18:31| ソウル ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

かっぽう着

冬は、エプロンよりかっぽう着。
袖口がカバーできるし、着ていると少しは暖かいし。
セーターの日は、一日中かっぽう着を上に着ています。
そういうわけで、出番の多いかっぽう着を1着新調しました。

20120109-1.JPG


家にあった使えそうな布は、110cm幅120cm。
ちょっとたりないかもしれない、でも、なんとかなるかも、という微妙な大きさでした。
横幅いっぱいに前と後ろの身頃をとって、のこりでそでがぎりぎりとれるくらいの大きさ。
ひももとらないといけないし、えりぐりの始末用のバイアステープと、できればポケットもほしい・・・
で、こんなふうに布を使いました。

20120109-6.jpg


そでは、脇の下にまちを入れて幅を確保。
前身ごろと後ろ身頃は切りはなさないで、そでをつけるところだけに切り込みを入れて幅を確保。
後ろ身頃のはしを布のみみにして、縫い代の幅を節約。
ポケットはえりぐりとすその残りを縫いあわせて、なんとか1つ確保。
ひもとバイアスも、残ったところでとれました。

20120109-5.JPG 4枚はぎのポケット

20120109-4.JPG身頃にそでをつけるのは、手縫いでなんとか。
そのあと、縫い代を倒してミシンで押さえましたが、脇の下にタックをとらないと縫えません。

そで口は、着てから長さを決めて、ゴムがはいるように三つ折します。
すそは、カーブのほうが見た目がよかったかも・・・
でも、縫うのは直線のほうがかんたんです。



20120109-2.JPG  20120109-3.JPG
思ったよりうまくできて、大満足!


posted by つくつく坊や at 12:26| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

簡単ブラウス

20100825.JPGまだまだ、暑い夏が続くようなので、えりなし、そでなしのブラウスを作りました。
室内用です。
だから、ちゃちゃっと気楽に作りました。

家にある布から選んだのは、プリーツ加工(?)のさらっとした布。
幅100cm(90cm幅が、のびたのでしょうか…)長さ60cmありました。

布の幅と長さをそのまま使いたかったので、えりぐり、肩、そでぐりを切り取って、前見ごろの中央で縫
い合わせただけです。
シワシワだから、中央の縫い目もめだたないと思ったのですが、シマが難点。
縫いなおしたのに、まだ微妙にずれてます。

えりぐり、そでぐりの始末は、生地がよくのびるので、内側に三つ折りしてまつっただけ。
前のあきは、ホックでとめるようにしました。

シマ模様をよく見たら、えりぐりが左右対称になっていないということが発覚。
シマはほんとに、むずかしい。
無地ならごまかせたのに…
posted by つくつく坊や at 20:00| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする