2020年04月02日

糸ができたので、できた!

4本撚りの糸ができたので、プライスプリットをもう少し。

20200402-2.JPG  20200402-1.JPG


伊賀上野のワークショップで見たときから、組んでみたいと思っていたラクダの柄です。
念願かなって、やっと完成。

プライスプリットで柄をだすのは、クテ打ちでアルファベットを組むのと同じようなかんじでした。
ということは、同じようにアルファベットも組めるということですよね。
それも、クテ打ちより組むのはかんたん!

20200402-3.JPG矢印の2本の黄土色と黒い糸のあいだに、隣の糸をとおします。

表に出したい色が上にくるように、糸をねじります。
この場合は、黄土色の糸を上にするなら撚りをとるように、黒糸2本を上にするなら撚りをかけるようにねじることになります。

20200402-4.JPG  20200402-5.JPG



となりにある単色の撚糸のは、別の組み方の練習です。
こちらの糸は、ラクダの糸と同じように撚ったはずなのに、しっかり撚りがかかっていいかんじ。
仕上がりもピシッとしていて、きれいにできました。


posted by つくつく坊や at 21:42| 大阪 ☀| Comment(1) | プライスプリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

糸ができれば、なんとかなりそう。

20200320-1.JPG  20200320-2.JPG

この前作った撚糸で、組んでみました。
撚りがゆるくても、糸の順番がちょっと変になっていても、なんとかここまで。

20200320-3JPG.JPG前に組んだのは、撚糸の本数が倍だったんですね。
これは1本×3で、前のは2本×3でした。
太さもそうだけれど、撚りの向きが反対なのも変だなぁと思っていたのでした。

糸を合わせて最初の形をつくるまでに手間取りましたが、あとは復習なのでサラサラと。
途中からカーブさせるのも試してみましたが、本のとはちがう…
まがったからいいのですが、ちょっとこれは不満足。

4本撚りの糸は、指ですきまをあけて糸をとおせるくらいの撚りの甘さでした。
それでも柄がでたので、次のステップに進めそうです。
撚糸さえできれば、ですが。





posted by つくつく坊や at 18:03| 大阪 ☀| Comment(0) | プライスプリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

プライスプリット、できた!

途中まで組んだお手本をもらたので、プライスプリットに初挑戦。
プライスプリットというのは、撚りあわせたを撚りの間にとおして紐などを組む(織る?どちらでもない?)技法です。

20200302-1.jpg  20200302-2.jpg


まちがってもすぐにほどくことができたので、安心していろいろ失敗できました。
おかげで、裏が+になるのと□になるのができました。

20200302-5.jpg  20200302-6.jpg


道具の使い方はぎこちないまま終わったのですが、こんなかんじで撚りの間に道具の先をとおして、糸を引き込みます。

20200302-3.jpg  20200302-4.jpg

なくおにさん、ありがとう!


posted by つくつく坊や at 22:28| 大阪 ☀| Comment(2) | プライスプリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする