2014年11月15日

キルト・編物・刺しゅう 三大手芸の祭典

20141115.JPGちょっとおおげさなタイトルですが、日本ヴォーグ社の60周年特別企画の展覧会です。
キルト30点、編物26点、刺しゅう37点が展示されていました。

阪神百貨店で、18日までです。

編物というのは、1950年代から70年代のヴォーグ社の本から再現したものだったのですが、これが楽しくて。
50年〜60年初めのころのものは、今でも着れそうなかんじでした。
本で見ると、当時のメイクと髪型のモデルさんが着ているせいか、ポーズのせいか、写真の印刷のかげんか、とにかく古く感じてしまうのに。
写真右上のジャケットが60年代の再現で、編地がちょっとかわっていました。

70年代のは、今着るのははずかしいかなと思うような、派手なものが多かったです。
そういう時代だったのかな。

刺しゅうは、森山多喜子・朝山制子さん2人だけの作品の展示でした。
朝山制子さんはお名前も知らなかったのですが、作品を見てびっくり!
いろんな色で太さもちがう糸が、タテヨコナナメにびっしり刺してあって、パッと見には織物のよう。
東海道五十三次の刺しゅうは、細かすぎてどんなふうに刺してあるのかもわかりませんでした。

いや、すごいすごいと感動して帰ってきました。
posted by つくつく坊や at 22:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

友だちの手作り 3D写真とビューア

先日、ん十年ぶりに高校の友だちに会いました。
彼も手作りの人で、ウイスキーボンボンを作ったり、七宝焼きをしていたり。
農学部を経てから、こんにゃくや燻製なども作っていました。

その彼が手みやげにくれたのが、この3D写真とそれを立体的に見るためのものです。
写真撮影、現像も趣味のひとつだったのですが、それがこんな形で実っていたのでした。

20140817-1.JPG  20140817-2.JPG


20140817-3.JPGていねいに、3Dビューアの作り方説明までついています。
100円ショップのオペラグラスと厚紙で、かんたんに作れるように考えてありました。
ロボットの頭のようなのが、ビューアです。
「五角形の穴は鼻の穴」って、説明なくてもわかるし…

カメラ2台で撮影して、その画像を印刷するのがむずかしいらしいです。
平行法で撮って、ずれないように並べると書いてありましたが、ちっともわかりません。
「むっちゃんのステレオワールド」のおかげでできたそうなので、興味のある方はそちらをどうぞ→

ビューアに写真を置いてみると、ちゃんと立体的に見えました。
不思議!
posted by つくつく坊や at 22:30| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

街角の手作り

20140728-2.JPGきのう、大山崎山荘美術館へ行って、「野口哲哉の武者分類図鑑」を見てきました。
最終日だったせいか、雨でも大盛況でした。

展示されている作品は、ちょっと変わった鎧武者のフィギュアや肖像画で、どれもリアルだけれど「でっちあげ」。
その自由な発想と緻密な作りに、刺激を受けて帰ってきました。

そして、もうひとつ。
その帰り道で、すてきな手作りをみつけました。

電柱の横にあった、大きな鳥の巣箱のような箱。
壁には、フクロウの木彫りもついています。

そっと屋根を開けたら、カラスよけのゴミネット入れでした。
感動!

20140727-1.jpg

posted by つくつく坊や at 21:29| グァム ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

「背守り 子どもの魔よけ」展

グランフロント大阪にあるLIXILギャラリー、「背守り」展を見に行きました。

グランフロントといっても、お店の入っているにぎやかなところとは別で、ひっそりとしたオフィス棟の12階にあります。
狭い通路に立っている警備員さんが、ギャラリーの目印。
勇気を出して入りましょう…

背守りというのは、小さい子どもの着物の背中につけた魔よけのお守りです。
糸で縫い目をつけただけのものから、刺しゅう、押絵などいろいろあって、昭和の初めごろまで見かけられたそうです。

小さなはぎれをぬいあわせた百徳着物や、迷子札、背守りの刺しゅう見本帳なども展示してありました。
静かな会場で、ちいさな着物につけられた背守りをみていると、子を思う母の気持ちに圧倒されてしまいます。



4864805083背守り ― 子どもの魔よけ (LIXIL BOOKLET)
佐治 ゆかり 夫馬 佳代子 鳴海 友子 三瓶 清子 住友和子編集室
LIXIL出版 2014-03-11

by G-Tools

posted by つくつく坊や at 22:05| ブリスベン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

京都、手芸の展覧会2つ

美術館「えき」KYOTOの「下田直子ハンドクラフト展」と、高麗美術館の「ポジャギとチュモニ展」に行ってきました。

20140202.JPG


下田直子さんの作品が見れるっていうので、展覧会が楽しみでした。
写真では見られないところも、実物なら横から上からじっくり見ることができるんですから。

それにしても、手芸作家の展覧会が美術館であるってすごいことですよね。
初日お昼前に着いたのですが、サイン会はすでに長蛇の列。
人気のほどがわかります。

展示されていたのは、本や雑誌に掲載されたものと、展覧会のために作った手編み3点です。
使っている材料が毛糸、ビーズ、フェルトと多彩なら、技法も多彩で、編物、刺しゅう、ビーズ編み、カルトナージュに、スモッキング。
ひとつの分野にとどまることなく、いろんなものを創っておられることに、おどろいてしまいます。
展示作品、なんと350点!
これだけの数の作品を保存してあるのにも、ちょっとおどろきましたけれど…

セーターは、ダーツがあってからだにピッタリしたもの。
わたしには少し装飾過剰なのですが、部分部分をとりいれて編んでみたいと思わせるものでした。
アラン編みはもようの線が細くて、ビーズが入っていたり。
すそにチェーン状に連なった編み地がついていたり。

いい材料を使って、じっくり考えて、手を動かした作品は、さすがにいいなぁって思いました。
そのくせ、作ってみたいけれど、もったいなくて使えないから作ってもなぁ…と思ったり。
残念な性格なのでした。

午後は、高麗美術館。
ここは、バスに乗って京都駅からずいぶんかかります。
住宅街のはしっこに、ひっそりとたたずんでいるという感じの美術館です。
見学者も少なくて、展示数も少なめで…

少なくても見ごたえのある作品が並んでいるのですが、ポジャギは今までにも見たことがあるような、ないような。
きっと、前にも見たことがあるものがまじっているのだと思いますが、どれも細かい布を美しく構成してつないであって、同じように見えるのでした。
そんなふうなので、中央に簡素な刺しゅうがあるものや、四隅に刺しゅうと小さな三角の布を並べて縫いつけてあるものが、印象に残りました。
もうひと手間の効果、大です。

チュモニという小さな袋物は、形も刺しゅうもいろいろで楽しめました。
入れるものごとに形がちがっていて、メガネケースは立体的な楕円形、匙・箸入れ、筆入れは長方形、ほかにもきんちゃく型や、四角い布の四隅を折ったものなど。
これなら作って使える(入れておくだけ)かもって思いましたが、すぐにかさばって収納スペースがいるのが難だとも思うのでした。
ほんとうに、この性格なんとかしなければ…
posted by つくつく坊や at 13:03| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

「屋根裏部屋の博物館 Attic Museum」

みんぱくの「屋根裏部屋の博物館 Attic Museum」に行ってきました。
渋沢敬三という人が収集した民具、玩具の展覧会です。

すべての展示に興味があるわけではないので、しっかり見るのはやっぱり刺しゅうや手作りのもの。
中でも目をひいたのは、ワラの手袋です。
ちょっと北欧っぽい…ことないですか?

20131111-1.JPG  20131111-2.JPG

20131111-3.JPG


20131111-4.JPG
鍋つかみも、布じゃなくてワラ。


  薩南十島の刺しゅうてぬぐい。
  すごくこまかい、刺し子でした。

20131111-5.JPG







台湾高砂族の服。

20131111-6.JPG  20131111-7.JPG




4473039161屋根裏部屋の博物館 ATTIC MUSEUM: 渋沢敬三没後50年
国立民族学博物館
淡交社 2013-11-05

by G-Tools

4309726569図解 大正昭和くらしの博物誌―民族学の父・渋沢敬三とアチック・ミューゼアム (ふくろうの本)
近藤 雅樹
河出書房新社 2001-03

by G-Tools
posted by つくつく坊や at 23:04| ドバイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

ウェルカムボードの晴れ舞台

20130422-1.jpg


受付に置いてあったので、写真をとっておきました。

いっしょに並んでいたのは、姪が選んだウェルカムドール。
そういうものがあるのは知っていましたが、テディベアでも、うさぎでもなく、どうしてオランウータン?
でも、よく見るとなんとなーく姪に似ているようで、納得してしまいました。

ベビーシューズとリングピローは、妹(姪の母)が作りました。
「結婚式にベビーシューズを飾ると幸せになる」そうです。

20130422-2.JPG  20130422-3.JPG


結婚式も披露宴も、すっかり様変わり。
年をとったと、しみじみ感じた1日でした。
posted by つくつく坊や at 23:44| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

おみやげストラップのつづきです。

おみやげストラップについていた鈴を、はさみにつけました。

鈴がついた握りばさみのことを、思い出したんです。
使うたびにチリチリと小さい音がするのが、好きでした。

20130310-1.JPGそのままつけたら、あっというまに糸といっしょにストラップまで切ってしまいました。

鈴が動かないようにするために、鈴をつけたひもをはさみに巻いてみました。
ゴムひもを使ったので、ぴったり巻けました。


20130310-2.JPG

ほかのはさみには、マルカンを使って鈴だけつけました。

園芸バサミは、草の中でもめだつように赤い大きな鈴にしました。



20130310-3.JPG  20130310-4.JPG


posted by つくつく坊や at 21:25| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

おみやげストラップ

奈良公園、天満の天神さん、黒壁スクウェアのと、つぎつぎにおみやげストラップをもらってしまいました。

20130309-1.JPGもう、展覧会系、神社仏閣系、観光地系、いろいろそろっていますよー。
ほかにもあるんですが、困ったことに、もらっても使うところがありません。
携帯電話は持っていないし、カギにつけるのは1つだけです。

もらっただけで使わないのを、ちょっと申しわけなく思っています。
好みもありますけれど…

でも、つけるところがありました。
ファスナーの金具につければいいんです!

20130309-2.JPG  20130309-3.JPG


20130309-4.JPG  20130309-5.JPG


ストラップの付け根をはずして、マルカンのところで金具につけています。
マルカンの切れ目を広げるときは、左右にひっぱらないで、前後にずらします。
ひっぱって広げると、閉めるときにマルカンがゆがんでしまいます。
posted by つくつく坊や at 22:31| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

あけましておめでとうございます。


20130101-1.jpg
posted by つくつく坊や at 22:17| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

阪神百貨店「パッチワークキルトの祭典」

「パッチワークキルトの祭典 トップキルターとその仲間たちの競演」見てきました。

神業のようなキルティングの針目に、驚嘆。
制作期間3年に、ため息。

20120416-1.JPG  20120416-2.JPG

posted by つくつく坊や at 17:17| 瀋陽 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

あけまして おめでとうございます。

20120102.jpg


posted by つくつく坊や at 12:35| ローマ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

高麗美術館「刺繍ポジャギとチョガッポ展」

201110151.JPG
高麗美術館は、電車の駅からバスに乗って30分くらい。
遠いんです。
バス停も閑散として人通りもないのに、美術館にはちゃんと人がいるのが不思議。

韓国刺繍博物館と高麗美術館所蔵の70点と、現代のポジャギ作家の作品15点が展示してありました。
ポジャギは風呂敷のようなもので、パッチワークのように布をつないで作ってあるのをチョガッポというそうです。
だから、刺繍ポジャギもチョガッポも四角くて、大きさは用途によってさまざま。

古いチョガッポは大切に使われていたのか、ゆがんでいたりツギがあったり。
刺繍は素朴でつたないかんじでしたが、サテンステッチでこれだけ刺繍するには、たいへんな時間がかかったはず。
楽しんでしたのか、女性のたしなみなだからとしかたなく刺繍していただけなのか、ちょっと気になったり。
どちらにしても、できあがったときの達成感は大きかったでしょうね。
しかも、美術館で見てもらえるようになるなんて、うらやましいかぎり。
今、家庭で作られているものの中にも、そんな幸運な作品があるのでしょうか。

現代作家のものは、鑑賞用?
使われることはなくて、ずっときれいなまま残されていくような気がしました。

裁縫道具も、少しだけ展示してありました。
模様が描いてあったり、小さな指抜きがパッチワークだったり。
どれもすてきでしたが、トラの形をしたぺちゃんこの針入れの顔がおかしくて好みでした。


201110152.JPG  201110153.JPG


posted by つくつく坊や at 22:44| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

建築物ウクレレ化保存計画

建築物ウクレレ化というのは、壊されて消えていく建物を材料にして、ウクレレを作ること。
家族の古い服を、パッチワークのひざかけにするようなものといえば、わかるかも。

見たり、弾いたり、さわったり。
そのたびに、なくなった家やそこであったいろんなことを思い出す…

建物のどこをどう使うかというところがポイントで、扇町ミュージアムスクエアのウクレレには、屋上にあった恐竜のしっぽがつけてありました。
通天閣歌謡劇場ウクレレには、壁紙、「天」という文字、出演者の看板文字、かざりのモールやちょうちん。
個人の家のも、学校やお店のも、それぞれの特徴あるところをうまく使ってあります。

201109181.JPGそのウクレレを作っている伊達伸明さんと、チチ松村さんのトーク&ミニコンサートに行ってきました。
もちろん、チチさんが演奏するのは、建築物ウクレレです。
大阪歴史博物館の特別展「民都大阪の建築力」の関連行事でしたが、とっても楽しくて、行ってよかったです。

ウクレレの製作費は約20万円で、作るのに1カ月かかるそうです。
世界に1本だけの、思い出がつまったウクレレが、この値段。
安い?高い?

201109182.JPG 通天閣歌謡劇場ウクレレ

201109183.JPG 
扇町ミュージアムスクエアウクレレ
穴のところのOは、屋外テントの文字。


201109184.JPG
いちばん最初に作った楽器と、ウクレレレ。



帰り道、テレビ大阪の「たこるくんと東北のカワイイもの展」でお買いもの。
ボールペンのこけしが、小さくてカワイイ!

201109185.JPG  201109186.JPG



posted by つくつく坊や at 23:34| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

「北欧の手しごと展」

20110911.JPGん十年ぶりに、デンマークのクロスステッチの本を開いたら、この展覧会がありました。
なんというタイミングのよさ!

ヤマナシ ヘムスロイドの40周年記念の展覧会で、クロスステッチ、スウェーデン織、ハーダンガー刺しゅうなどの作品が展示されていました。

糸の色が、しっとりとおちついた色。
上品、ひかえめ、この糸の色があってこそ、デンマークの刺しゅうというかんじでした。

白糸刺しゅうの作品は、カーテンのような大きなものに、こまかく刺しゅうされていてため息。
スウェーデン織のクッションは、いろんな色を使った独特の図柄が好みにぴったり。

しばし、目の保養をしてきました。


posted by つくつく坊や at 11:43| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

3mm方眼ノート

クロスステッチの図案を考えるときは、3mm方眼のノートとルーズリーフを使っていました。

それがなくなりそうになったときには、世の中すでに、5mm方眼一色。
さがしても、さがしても、3mm方眼がないんです。

こまったなと思っていたら、家に1/10インチ方眼紙があったのを思い出しました。
回路設計に使うといって、夫がイギリス出張に行く弟にたのんで買ってきてもらったものです。
夫のものは、わたしのもの。
たいして使っているふうでもないので、1冊使わせてもらいました。
それも残りわずかになったのですが、2冊目は拒否されました。

しかたがないので、ネットでさがしてみたら、見つけました。
一ツ橋ノートの、PLANNING SECTION、3mm方眼。
丸善や伊東屋で買えるようなので、よろこんで梅田の伊東屋に行ったら、取り寄せ不可。
ついでに聞いてみた紀伊国屋では、取り寄せは10冊単位という無情な回答。

それが、そのあとジュンク堂に行ったら、あっさり別の3mm方眼ノートを発見しました!
表紙も赤・黒・黄色の3色から選べて、A4サイズ。
メーカーを見たら、コクヨだったので、なんだか拍子抜けでした。
しかも表紙の裏に、鯨尺や曲尺のメートル換算表がついていたので、ずっと前からある製品なのかも。
カタログを見たら、デザインノート(洋裁帳)とありました。
いつまでも、廃番になりませんように。

20110803-1.JPG 買ったのは、黄色い表紙。

20110803-2.JPG
古いノートはナカバヤシ。
赤いのがイギリスのインチ方眼用紙。



おまけ:
こぎん刺し用に、トチマンの2mm方眼紙を買ったという人もいました。
トチマンのHPを見ると、そこはグラフ用紙の宝庫!
2mm、3mmはあたりまえ、0.5mm、1.5mm…にインチサイズもありました。
イギリスに行かなくても、だいじょうぶ。
罫線も青やオレンジ色のがあって、大きさもA1からA4サイズにBサイズ。
菱形、立体三角、斜投影なんていうのもありました。

posted by つくつく坊や at 19:46| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

OSAKA手づくりフェア

20100903.jpg

マイドームおおさかの「OSAKA手づくりフェア」に行ってきました。

チラシのイメージから若い人向けなのかと思っていたら、年配の人が多くて。
平日のせいかもしれませんが…

どのブースも人だかりができていて、近づけないところもありました。
1階から3階までの広い会場。
疲れた人のためのイスまで、ちゃんと用意してありました。

なにか作ろうとか、いつか作るだろうと思って買っていると、きりがないくらいモノがあふれていました。
チラシに「デコる&エコる」とありましたが、「デコ」が目立って、「エコ」はどこ?

でも、「手あみ靴下コンテスト」などの入賞作品の展示もあったし、ワークショップもたくさんあって、なにか作ろうという気になってきます。

やっぱり、なにも買わずに帰ることはできないのでした…


posted by つくつく坊や at 23:30| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

額絵キルト

サルッパカマを作ったあと、ほぼ毎日、額絵キルトを作っていました。

今年は、「日本キルト大賞」10周年記念で、「額絵キルト部門」の作品を募集しているのです。

キルト部門はテレビでも作品をみたことがありますが、作品の前にひれ伏すしかないという立派なものばかり。

大きいし、パッチワークもキルティングも細かいし…
そんな作品、とても作れません。

そんな人のためでしょうか、額絵キルトは額縁込みの50cm以内。
これなら参加できるかも…と、思ったのは春のことでした。

その図案をやっと思いついたので、きのうまで、ちまちまと作っていました。
締め切りは9月末なので、余裕たっぷり。


20100807.JPG作り始めた日。

いちおう、いろんな色の布もそろえて持っています。
よく使う色の端切れは、レジ袋にたっぷり。
使っても使っても、たまっていくばかりです。


posted by つくつく坊や at 10:35| シカゴ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

新聞バッグの出番

20100704.jpg

食事に誘ってもらった、お礼。
カバンを持たずに出歩く人なので、この前作った手さげの新聞バッグに入れてみました。

ジャムビンの大きさ、重さに、ちょうどいい大きさでしたが、雨にぬれると破れそう。
心配だったので、ビニール袋もいっしょにわたしました。

雨のせいで、エコ失敗。


posted by つくつく坊や at 17:21| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

「再生デザイン大賞」

再生デザイン大賞」というコンテストがあったので、どんな作品が受賞しているのか見てみました。

目からウロコです…
レシートでエコバックにはびっくり。
アルミ鍋とステンレスの網戸を使ったコースターには感心。

コンテストなので、手間のかけかたも半端ではないし、大量の材料集めが必要なものもあって、実用的ではないかもしれませんが、リメイクの参考にはなりました。

posted by つくつく坊や at 16:41| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする