2016年03月24日

長傘の傘袋

人形の服シリーズが終わって、次は傘布シリーズ。
折りたたみ傘の傘袋ができたので、長い傘の傘袋も作りました。

20160324-2.JPG  20160324-3.JPG


もとからついていた傘の留めに、別布をつないで長くしました。
これで、傘を入れやすいように広くした袋口をとめます。
持ち手は、肩にかけられる長さです。

傘袋の先はあいているので、ボタンをはずしてのばしたら水をだせます。
縫い目から水がもれると思うけれど、床がぬれるのはゴメンなさい…

持って出るのを忘れないように、袋に入れて傘の柄にかけておこうと思います。
袋のよこのタブに、ひもをとおします。

20160324-4.JPG  20160324-1.JPG




posted by つくつく坊や at 22:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

折りたたみ傘の傘袋

20160229-1.JPG


ぬれた折りたたみ傘を入れるための袋です。

傘布で作りましたが、縫い目からの水もれが心配だったので、タオルの中袋をつけました。
使っているのは、使い古しのハンドタオルです。
乾かすときは、ひっぱりだして干せます。

20160229-2.JPG  20160229-4.JPG


タオルをつけてもかばんに入れておくのが心配なので、持ち手をつけました。
(心配のしすぎ?)
かばんにぶらさげておけば、手もあきます。

20160229-3.JPG
ビニール袋よりかさばるのが難点だけど、
これで安心。
posted by つくつく坊や at 23:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

また、エコバッグに収納袋

20160131-1.JPG
エコバッグに収納袋をつけているのを見た夫が、これにも!と、古いエコバッグを持ってきました。
ずいぶん前に傘布で作った、真っ黒なエコバッグ。

端の方に収納袋をつけて、タテに4つ折り、ヨコに4つ折りして収納できるようしました。

カバンに入れると黒い色は見つけにくいというので、緑色です。

たて37p×よこ38p×マチ12pで、前のより大きいバッグですが、収納袋は同じ大きさ。



20160131-2.JPG  20160131-3.JPG

20160131-4.JPG  20160131-5.JPG


このエコバッグは、外に大きなポケットがあって、この前に作ったのとはちょっと形がちがいます。
どうやって作ったのかわからなかったので、ひっくりかえして観察してみたら、6枚はぎで55pくらいの折りたたみ傘で作ったようでした。

20160131-12.jpg
縫い目をほどかないで、持ち手と袋布を図のようにとったんじゃないかと思います。

20160131-13.jpg


袋布をかさねて、片側はポケット口を残して縫いあわせます。
作っているときに、縫い残してポケットにしようと思いついたのでした。

20160131-9.JPGでも、この大きなポケット、それも2つ!を買い物で使うことはありませんでした。

持ち手は、2枚を筒状に縫い合わせて作っています。

底は、袋口の方に折りあげて、脇を縫い合わせていました。
それを表に返すと、こうなります。

20160131-10.JPG  20160131-11.JPG



収納袋をつける前は、ポケットにたたんだバッグの端を入れてとめていました。
ポケットも少しは役にたったのですが、収納袋のようにすっきりとはいきませんでした。
20160131-7.JPG  20160131-8.jpg

posted by つくつく坊や at 22:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

傘からエコバッグ

片づけたものから、また1つ。
傘を1本処分して、エコバッグを作りました。
1つ減って、1つ増え。20160126-1.JPG


傘から布をはずして、バラバラにします。
中心の方から糸を切ってひっぱると、スーッと気持ちよくほどけます。

軽く洗ってアイロンしてから、傘布4枚を縫いあわせます。
使った傘布は、短い辺が35pで、長い辺が49pでした。
大きなチェック柄だったので、上下にずらして柄あわせをしています。

縫いしろは上の▲の方へ倒して(白→)、ミシンで縫いしろをおさえます。
この▲がある方を、袋口にします。

両端を縫いあわせて、縫いしろを同じように倒してステッチをかけます。

20160126-4.jpg  20160126-5.JPG


20160126-6.jpg  20160126-7.jpg


マチ幅の半分を折って、底を縫います。(オレンジの線のところ)
表に返すと、レジ袋のように底の角がへこんだかたちになります。

20160126-8.jpg  20160126-9.JPG


傘布2枚を縫いあわせて、持ち手をとります。
はみでている▲と、両端を内側に折って(白→)、まわりをミシンで縫って、本体に縫いつけます。

20160126-10.jpgこれでエコバッグはできあがり。
たて40p×よこ28p×まち10p、持ち手が幅2.5p長さ40pくらいです。

エコバッグをたたんでみて、収納袋の大きさを決めます。
これはタテに3つ折り、ヨコに4つ折りにたたんで、袋の大きさを12p×13pにしました。

残った傘布で収納袋を作って、本体に縫いつけます。

写真を撮り忘れたのでうまく説明できないのですが、ふた部分からエコバッグに縫いつけるところまでを一続きに裁っています。

エコバッグに縫いつけるところは、持ち手のあいだより幅を狭くするために斜めに切りました。
補強のために、端を1pくらい折って縫っておきます。

ふた部分をできあがりに折ってから、袋部分を中表にあわせて端を縫います。

20160126-11.jpg  20160126-12.jpg


エコバッグをたたんで入れて(白→)、ふた部分をひっくり返してかぶせます(オレンジ)。
20160126-2.jpg  20160126-3.JPG


posted by つくつく坊や at 22:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

バスタオルから、タオルとぞうきん

このところ、せっせと片づけものをしています。
今日の成果は、小さな引き出し1つ分をカラにできたこと。

ためこんでいた古いはぎれは、小さく切って、台所用の汚れふきにまわしました。
まだまだあるけど、台所にも収まらないので、がまん。

古いバスタオルは、タオル2枚、そうきん2枚にしました。
1枚が、4枚に増殖。
タオルとぞうきん、へらさないと…
20160120.JPG

posted by つくつく坊や at 18:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

房の切れ端で、コサージュ

20151206-4.JPGマフラーとショールを織ったあとに残った、房の切れ端。
染めて紡いで糸にしたと思ったら、長いのも短いのもパッと捨てることができませんでした。

その切れ端を束ねて作った、コサージュです。

マーガレットのつもりでしたが、なんとなくエーデルワイス?

20151206-2.JPG

20151206-1.JPG  20151206-3.JPG
posted by つくつく坊や at 21:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

羊毛フェルトのケータイケース

20151126-1.JPG  20151127-7.JPG

織りの展示作品ができて、今はホーッと一息ついているところです。
なので、これは、ちょっと前のワークショップで作ったもの。

20151127-6.JPG芯に原毛を巻いて、石けん水をかけたらこすってフェルトにするのですが、巻くかげんも、こするかげんも、いいかげん。
そのせいで、うすいところがあちこちにできてしまいました。

そこを補修するのは、たいへんでした。
原毛をのせて針でつついていくのですが、のれんに腕押し、糠に釘、豆腐にカスガイ…
ほとんど手ごたえがなくて、延々とつつき続けないと、下のフェルトと一体にならないのでした。

ワークショップの時間内にはおわらなくて、家でもチクチクし続けてやっと完成。

20151126-2.JPG
ヒツジと花は、糸にできない草木染めの原毛を使ってつけました。
目や花の芯は、刺しゅうです。


ケータイを持っていないので、使いみちは…
どうしようかな。

20151127-4.JPG  20151127-5.JPG

posted by つくつく坊や at 21:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

金封入れ

20150925-1.JPG


冠婚葬祭用のサブバッグを作った残り布で。
ひだをとってサブバッグとおそろいっぽくしてみました。


20150925-2.JPG
ひだをとった布とふた部分を縫いあわせて、表布を作ります。

表布と口布、裏布を縫いあわせます。

右図のように折ります。
袋の深さ分だけ、内側に折りこむというかんじです。








20150925-3.jpg  20150925-4.jpg

白い点線部分を縫って、返し口から表に返します。
右側の写真は表にかえしたところで、返し口は袋の内側にきます。


20150925-5.JPGふさと糸ボタン。


20150925-6.JPG

posted by つくつく坊や at 22:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

冠婚葬祭用のサブバッグ

サブバッグを作るのに、ちょうどいい布をリサイクルショップで見つけました。
黒地に刺しゅうがはいった、ロングスカート。
布をバイアスに使っているのが難点だったのですが、値段に負けて買ってしまいました。

20150909-1.JPG  20150909-2.JPG


20150909-3.JPGスカートのすそから袋の高さで切って、ひだをとって袋にしています。

すそがひろがっているので、上と下(すそ側)でひだのくぼんだところ(陰ひだ)の幅をかえました。

これは、すそから33pで切って、陰ひだは上が2pで下が3.5p。
マチを7pとって、横幅が27pになるようにひだをとっていきました。


20150909-4.jpg底を縫うとき、マチを内側にVの字のように折り込んで、底といっしょに縫います。

裏地にもひだを2本ずつとって、同じように縫います。

表に返すと、こんなふう。

20150909-5.JPG  20150909-6.JPG



口布と持ち手をつけて、できあがり。
20150909-8.JPG  20150909-7.JPG




posted by つくつく坊や at 22:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

糸ボタン、つづき

また、やってみましたが…
指先も目も、繊細な作業には不向きなような気がしてきました。

20150509.JPG


リングの直径は24mmです。
1袋買ったら、100個もはいっているんです。
当分、なくなりそうにありません。
posted by つくつく坊や at 21:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

糸ボタン

本を買ったので、ちょっと練習しました。

20150501.JPG



B002DUCC3I50 Heirloom Buttons to Make
Nancy Nehring Marcus Tullis
The Taunton Press 1995-12-31

by G-Tools

posted by つくつく坊や at 22:43| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

四角い鍋つかみ

20150428-1.JPG  20150428-2.JPG


古い上着から、鍋つかみを作りました。

好きでよく着ていた服だったけれど、ふと気がついたら背中に穴!
もようのふりをして、しっかりあいていたんです。

20150428-3.JPG  20150428-4.JPG


20150428-5.JPG使っていた鍋つかみは、とりかえた布もコゲて破れはじめていました。
そして、2枚の大きさがちがうのが、ちょっと不満でした。

こんどのは、パン型をつかんでも指がはみでる心配なし。

20150428-6.JPG  20150428-7.JPG


20150428-8.JPG前に肩パッドで作った鍋つかみは、オーブンの皿を出すときに便利に使っています。
posted by つくつく坊や at 22:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

ちょっとしたこと

前に作ったはさみ入れに、ボタンとループをつけました。

20150413-1.JPG  20150413-2.JPG

前の記事でいいわけしていますが、ふたがなかったんです。
そのせいで、はさみが出ていることがあったりして、ちゃんと役目をはたせていませんでした。

ループは、お菓子の包みに使ってあった細いゴム。
そのままでは細すぎたので、鎖編みにしています。
それを、裏布と表布の縫い目をほどいたところにはさんで、もういちど縫いあわせました。

ちょっとしたことですが、これで気持ちよく使えるようになりました。
posted by つくつく坊や at 23:09| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

洗濯ネット

洗濯ネットのファスナーがこわれました。
ほつれたところは繕えても、ファスナーはお手上げ。
ちょうど粗品でもらった洗濯ネットがあったので、ごくろうさまという気持ちをこめて処分しました。

ところが、です。
粗品ネットを使ったら、1回目の洗濯でファスナーの縫い目がほころびました。
繕って2回目の洗濯に使ったら、布がさけました!

もう粗品の修理はあきらめて、新しい洗濯ネットを作りました。

20150205-1.JPG


材料は前と同じレースのカーテンです。
長々と保管しつづけた生地も、これでやっと使い切りました。

20150205-2.JPGファスナーは、粗品ネットから転用。
残ったネットは、お風呂でがんばってもらいます。







posted by つくつく坊や at 22:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

片づけもの、その2 電気ひげそりケース

20141223-1.JPGこれは、洗面所の引き出しから出てきました。
新しい電気ひげそりを買ったのですが、故障したときのためにと残してあったものです。
それも2台あって、1台はケースにはいっています。

もう何年も使っていないので、夫も捨てる決心をしました。

20141223-2.JPG


このケースは、小さくて作りにくかったです。
ゆがんでいたので縫いなおしたのに、うまくいかなかったという記憶があります。
今見ても、ちょっとゆがんでいます。

20141223-3.JPG  20141223-4.JPG

中には、替え刃とそうじ用のブラシを入れておくためのポケットがあります。
替え刃のカバーは、メンソレータムのふた。
ピッタリだったので、カバーにしていました。

替え刃というのは、そのまた前の電気ひげそりの刃です。
これに、ついていたわけではありませんよ。
ほんとうに、うちはものが捨てられないんです…

でも、このケースは虫くい穴がいくつもあいていたので、迷わず捨てます!


ついでに、夫の工作も紹介しておきますね。

20141223-5.JPGバッテリーが使えなくなったので、こんなことをしていました。
充電しなくても、コンセントにつないで使い放題!

黒い箱についているプラグを、コンセントに差し込んだら動きます。
小さなスイッチで、回転スピードを2段階かえられるそうです。

せっかくの工夫が残念だけど、これも捨てることになりました。
posted by つくつく坊や at 22:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

片づけもの

このところ捨てる気分が上昇中で、毎日のように片づけものをしています。

いつか使うと思いつつ、いつまでたっても使わないものが、ひっそりと置かれているところ。
ふだん見て見ぬふりをしているところを、ひっくりかえして、いらないものを処分しています。

本を古本屋さんに持っていき、雑誌は切り抜き、いろんなものをバザーに、寄付に、ゴミに出し。
ほんの少しですが、ものがへって気持ちもスッキリしてきました。


そんなか片づけもので、流しの下から出てきたホットプレートの焼き肉用のプレート。
買ってすぐに袋を作って入れたままで、1回も使いませんでした。

20141221-1.JPG


円形のざぶとんカバーを作った残り布を使っているので、パッチワーク仕立てになっています。
柄もあっていないし、裏の布もそのときにあった古ズボンを使っていると思います。

20141221-2.JPG  20141221-3.JPG


その場にあったもので適当に作っているようなのに、ファスナーもつけてあって、持ち手の芯には古いタオルをはさんであります。
そこまでしなくてもよかったのにと、今はしみじみ思うのでした。

20141221-4.JPG  20141221-5.JPG


プレートは捨てましたが、袋はとりあえず残してあります。
作ったものを捨てるのは、むずかしいです。
posted by つくつく坊や at 22:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

組みひものしおり

20141121-3.JPG


ワークショップの見本で組みたいと思っていたひもが、図書館で借りた本にありました!
コサージュのようにジグザグに組んであって、しおりにいいなぁと思っていたんです。

糸の引きかげんがむずかしくて、気をつけて組んだのにジグザグの山がそろいません。
組んでからタテヨコナナメに糸をひっぱって、形を整えた姿がこれですから。
コットンキング2本どりで、しおりにしては少し厚めです。

本にあった「江戸源氏組」も、試しに組んでみました。
これは、もっと厚みがあるのでしおりには使えませんけれど。

丸台で組むところを、丸い組みひもディスクで組みはじめたのですが、糸をはさむスリットの位置がわかりにくいんです。
アンデスの組みひものように手でも組んでみましたが、やりにくくてまちがいました。
最後に試した四角い組みひもプレートが、いちばん組みやすかったです。

20141121-1.JPG  20141121-2.JPG


4416314043かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方
多田 牧子
誠文堂新光社 2014-04-11

by G-Tools

posted by つくつく坊や at 23:49| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

パンツ2枚

残り布2枚で、パンツが2枚。
同じように作ったのに、左のほうが少し大きい?

20141011-1.JPG20141011-2.JPG

posted by つくつく坊や at 22:21| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

お祝い袋

姪にぶじ男の子が生まれて、お祝いにいく日も決まりました。
作った服や小物はもちろん持っていきますが、現金も少し。

お金を包むのに、姪の結婚式のときは布のお祝い袋を使いました。
あとでハンカチとして使えるのが気に入ったのですが、そのときは柄があまり選べませんでした。

それで次のときは、好きな柄のハンカチを買ってきてお祝い袋にしました。 →

そしてこんどは、好きな柄の布を買ってきて、ハンカチを縫ってお祝い袋にしました。
これは、なかなかいい考え!
ハンカチ1枚のかわりに、布なら1mも買えて、それでハンカチが8枚もできるんですよ。

1枚をお祝い袋に使って、全部いっしょにリボンでくくりました。


20141005.JPG


でも、考えがたりませんでしたよ。
同じ布じゃなくて、50pずつちがう布にすればかったです。
10p単位で切ってもらえるお店に行けば、もっとよかったです。

ダブルガーゼって、ほんとうにかわいい柄がいっぱいあって、迷うんですから。
posted by つくつく坊や at 21:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

カメラのざぶとん、ふたたび

20141001-2.JPGカメラのざぶとんに入れるポリスチレンのビーズを、みつけました。
100円ショップにあった、小さなクッションの中身がそれだったんです。

これで、軽いざぶとんが作れます!

中表にあわせた四角い布に、ヒモをはさんで縫って、表に返して、まんなかに十字にミシン。
これで、縫うのは終わりです。

20141001-3.JPGビーズを出すためにクッションの返し口をほどくと、こんなものがでてきたので、ちょっといやな予感が。
だって、100円のものにこんな手間をかけてあるんですよ。
変でしょう。

クッションを押さえてもビーズがでてこないので、タコの口みたいなところに紙筒をさしこんで傾けたら、ドハッとでてきてこぼしました。
やっぱりね…
ビーズは2ミリあるかないかで、すごく軽くて、手にもくっついてあつかいにくいものでした。

20141001-4.JPG夫の手も借りたのですが、紙筒のすきまからこぼれ落ち、それを受けていた段ボール箱の底のすきまからもこぼれ出て。
ざぶとんの返し口からもあふれたりして、さんざんでした。

返し口を縫うのも、すきまからビーズがとびだすのをクリップで防ぎながら。
もちろん、あと始末もたいへんでした。

そのかいあって、前のは265gあったのに、これはたったの20g!
これなら、外にも連れて行ってもらえるでしょう。

20141001-1.JPG

大きさは21p×21pで、ヒモは結んだ長さが15pくらいです。

posted by つくつく坊や at 15:47| カイロ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする