2020年05月07日

ブックカバー

20200507-1.jpg


まだ学生だったころに作った、古いブックカバーです。
「新改訂学生版牧野日本植物図鑑」という図鑑専用で、ハイキングの友として大活躍でした。
はさんであった入園券を見たら、牧野植物園は100円で、長居植物園は30円!

20200507-2.JPG  20200507-3.JPG


本棚で静かにねむっていたのを、先月からはじめた散歩に持ち歩いています。
体力も落ちていましたが、記憶力はもっと落ちていました…
やっと名前がわかっても帰るころには忘れているという、悲しい現実に日々直面しています。

20200507-4.JPG

posted by つくつく坊や at 18:25| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

トレーナーからルームシューズ

ずいぶん前にコピーしておいた型紙を使った、スリッポンタイプのルームシューズ。
型紙のサイズそのままと、一回り大きいのを作りました。

20200501-1.JPG


本では、外と内にWガーゼとギンガムチェック、底にデニムとフェルトを使って、キルト芯をはさんでありました。
それを、古いトレーナーとズボンで代用して、本の指示にも全部は従わず。

20200501-2.JPG  20200501-3.JPG


大きかったのでかかとにタックをとったら、かかとのカーブに合っていいかんじです。
はき口にゴムもつけたので、ぬげにくくなったような気もします。

20200501-4.JPG
posted by つくつく坊や at 18:12| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

6穴のカード織り

やっと、終わったー!
去年の秋から手つかずだった6穴のカード織りが、終わったんですよ。

20200427-1.JPG  20200427-2.JPG


ワークショップの夜、ホテルで苦労してほどいた記憶が増幅されて、ずっとそのままだったカード織り。
その続きを決心して織りはじめたのですが、予想どおりの展開でした。
織っては、まちがいを見つけてほどく!のくり返しで、あー、たいへん。

20200427-3.JPG  20200427-4.JPG


大きな宿題が終わって、気分晴れ晴れ。
でも、もうとうぶんは6穴カードは見たくない…
posted by つくつく坊や at 21:11| 大阪 ☀| Comment(2) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

桜と橘

この春は、ひな祭りもひっそり終わって、桜がわずかに残るのみ。
すっかり季節はすぎてしまいましたが、ひな飾りの桜と橘を作りました。

20200419-1.JPG  20200419-6.JPG


使ったのは、弁当容器のフタです。
プラバンのかわりに使えるというのを知っていたので、洗っていろいろ残してありました。

しかし!透明だったらどれでも同じだと思っていたら、溶けたりくっついたりするのもあったので、気をつけましょう。
プラマークの下にPSとあるのはうまくいって、PETはうまくいきませんでした。
溶けたのもあって、臭かったです。

ずいぶん前にプラバンをしたときは、油性ペンで絵を描いて平らにしていました。
それが、少し前にみた本では、パステルを使った立体的な作品があって、もう全然ちがう!
ということで、桜はその本の型紙を使って、それにあうような大きさで橘の型紙を作りました。

20200419-2.JPG  20200419-3.JPG


左の写真で、下にあるのがPSで上がPETです。
色鉛筆で描けるように紙やすりをかけていますが、さわっても見ても区別がつきません。
右の写真がPETなどでうまくいかなかったもので、わかりにくいのですが溶けたのも2つ写っています。

桜は縮める前と後で、これくらい大きさが変わりました。
色は濃くなるので、うすいめに。
本はパステルでしたが、これは色鉛筆で塗っています。
切るときに少しゆがんでも、焼くとすごく小さくなるのでだいじょうぶです。
葉脈は、目打ちでひっかくようにしてつけました。

20200419-4.JPG  20200419-5.JPG


発泡ポリエチレン?を半球形に切って、ペットボトルのフタにつけて土台にしました。
桜と橘は両面テープでつけただけなので、手荒なあつかいは厳禁。
次の春まで、そっとしまっておきましょう。



この本を見て、桜を作ってみようと思いました。
中央下のほうにある、小さいの3つが桜のピアスです。
posted by つくつく坊や at 17:32| 大阪 ☀| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

苗族の帯の柄から

もとになったのは苗族の細長い帯で、赤、ピンク、白、灰色の組み合わせでした。
それを緑系の糸で、太く短く。
もちろん柄起こしは、先生ですよ。

20200412-1.JPG


柄にあわせて、1段ごとに浮かせるたて糸を手で拾っていきます。
すいすい織れるようになったと気をよくしていたのに、まちがい発見。

20200412-2.JPG  20200412-3.JPG


posted by つくつく坊や at 21:45| 大阪 ☔| Comment(2) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

小さい紙の箱

バッジを入れて贈りました。

20200407-3.JPG


20200407-1.JPG  20200407-2.JPG
posted by つくつく坊や at 20:17| 大阪 | Comment(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

糸ができたので、できた!

4本撚りの糸ができたので、プライスプリットをもう少し。

20200402-2.JPG  20200402-1.JPG


伊賀上野のワークショップで見たときから、組んでみたいと思っていたラクダの柄です。
念願かなって、やっと完成。

プライスプリットで柄をだすのは、クテ打ちでアルファベットを組むのと同じようなかんじでした。
ということは、同じようにアルファベットも組めるということですよね。
それも、クテ打ちより組むのはかんたん!

20200402-3.JPG矢印の2本の黄土色と黒い糸のあいだに、隣の糸をとおします。

表に出したい色が上にくるように、糸をねじります。
この場合は、黄土色の糸を上にするなら撚りをとるように、黒糸2本を上にするなら撚りをかけるようにねじることになります。

20200402-4.JPG  20200402-5.JPG



となりにある単色の撚糸のは、別の組み方の練習です。
こちらの糸は、ラクダの糸と同じように撚ったはずなのに、しっかり撚りがかかっていいかんじ。
仕上がりもピシッとしていて、きれいにできました。


posted by つくつく坊や at 21:42| 大阪 ☀| Comment(1) | プライスプリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

糸撚り器の、その後

この前作ってもらった糸撚り器の、その後です。

夫はすでに興味を失って、開発チームから離脱。
自力でがんばりました。

ハンドルをまわす回数をそろえるのはムリなので、糸の長さをそろえることに。
長い棒にテープでしるしをつけておいて、最初の撚りで糸がその長さになるまで撚りをかけます。
長さは、だいたいで決めました。
4本撚り合わせるときは、きつめに撚りをかけておいて、余分な撚りは勝手にほどけてもらいます。

糸の順番が変わらないようにするための仕切りは、針金で作りました。
糸をささえるところに幅をとったのと、下におもりをつけたところが、改良点。

20200326-1.JPG


これだけのことですが、4本撚りの糸をそれほど失敗なく作れるようになりました。
ドリルは回復の兆しがないので、また手回しです。


20200326-2.JPG  20200326-3.JPG  20200326-4.JPG


糸撚り器のクリップに糸をはさんで、反対側をひとつにまとめて固定します。
クランプにはさんであるのは、立ち去る前に夫が作ってくれた糸掛けです。
糸は4本に切って結ぶより、倍の長さに切った2本を輪にしてかけるほうが、端まできれいに撚りをかけることができました。

まとめた糸を1本ずつ仕切りにかけて、動かないように洗たくばさみで仕切りをとめておきます。
糸撚り器のハンドルを回して、4本の糸それぞれに撚りをかけます。
棒につけたしるしにとどくまで、がんばります。

20200326-5.JPG  20200326-6.JPG


撚れたら仕切りを手元に動かしてきて、4本の糸をひとつにまとめてクリップにはさみなおします。

最初の撚りと反対の向きにハンドルを回ながら、仕切り板を向こう側に動かしていって、4本を撚りあわせます。
端まで撚ったら仕切り板をはずして、もう少し撚ります。

片方ずつ糸をはずして、端にテープを巻きます。
これで撚り糸、完成です。

20200326-7.JPG


82pのコットンキングを撚って69pにして、それを4本あわせて撚ったら、だいたい63pの糸になりました。
撚りかげんは、少しゆるいです。


posted by つくつく坊や at 23:13| 大阪 | Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

糸ができれば、なんとかなりそう。

20200320-1.JPG  20200320-2.JPG

この前作った撚糸で、組んでみました。
撚りがゆるくても、糸の順番がちょっと変になっていても、なんとかここまで。

20200320-3JPG.JPG前に組んだのは、撚糸の本数が倍だったんですね。
これは1本×3で、前のは2本×3でした。
太さもそうだけれど、撚りの向きが反対なのも変だなぁと思っていたのでした。

糸を合わせて最初の形をつくるまでに手間取りましたが、あとは復習なのでサラサラと。
途中からカーブさせるのも試してみましたが、本のとはちがう…
まがったからいいのですが、ちょっとこれは不満足。

4本撚りの糸は、指ですきまをあけて糸をとおせるくらいの撚りの甘さでした。
それでも柄がでたので、次のステップに進めそうです。
撚糸さえできれば、ですが。





posted by つくつく坊や at 18:03| 大阪 ☀| Comment(0) | プライスプリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

細長い三角形のマフラー

長いところが156p、高さが24pの細長い三角形のマフラーです。
まっすぐに伸ばすとはみでてしまうので、ちょっと形がわかりにくい写真になってしまいました。
緑色のところが、編み終わりです。

20200318-2.jpg  20200318-3.jpg


編み始めは3目で、最後の段は151目。
使った糸は60gで、3号針で編みました。

20200318-1.JPG  20200318-4.JPG


posted by つくつく坊や at 22:04| 大阪 ☁| Comment(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする